たまりば

  生活・暮らし 生活・暮らし  西東京市 西東京市

2017年08月23日

ヘルシンキ・バンター空港事件②



2.事件はこうでした。




2015年の6月某日から9月同日の

ピッタリ3ヵ月間の予定でフィンエア

の搭乗手続きを取っているときです。



係の日本人女性にビザ提示を求められ

ました。

え、と思い

「ピッタリ最長の3ヵ月間ですよ」

と告げると

「最長が90日間で、これは2日間オ

ーバーしてます」と。


90日間?私は何十年も3ヵ月と聞いて

ますよ。過去何度も6月初旬からピッ

タリ3ヵ月滞在を繰り返しきた私が

「ね、問題ないでしょ」とパスポート

の出入国スタンプを示すと

「実は、各国ともテロ対策でチェッ

クを厳しくするようになりました。

Helsinkiで問題になるかもしれません」

と渋々チェックインを認めた。



「何事にも寛容なフィンランドが、

僅か2日間のことで、フィンランド国

民の夫にガタガタ言うはずがない。

何にも分ってないな、このお嬢さんは。

やれやれ」。

AHOリスニング特化個人指導




このAHOプログラムは, listening強化

に特化しつつ Dictationにも重点を

置き, 精度の高い英語を学ぶことが

出来ます。

Skypeを使った僅か15分の個人直接

指導で, 通学は不要です。

対象は意識の高い学習者だけ。

意識の低い学習者はこのプログラムの

課題に対応できないでしょう。

家庭英語学習が習慣化され、短期間で

リスニングに先ず変化を感じられます。

英語が聞けるようになります。

中高校で学んだ文法の復習が、自然に

出来る仕組みになっています。

一度無料体験してから受講するかどうか

決めてください。

kiitosmatsuzaki●jcom.home.ne.jp

にご連絡下さい。

●は@に置き換えてくださいね





何もわかってないのはお嬢さんでなく、

自分だと知ったのは、92日後のバン

ター空港での出発間際でした。

続く。  


  • Posted by まつざきひろし at 06:00 | Comments(0) | PC一台で海外生活。

    2017年08月22日

    ヘルシンキ・バンター空港事件①



    これから8回に渡り2年前にヘルシン

    キヘル空港で私に起こった事件につい

    てお知らせします。

    英語の勉強には直接関係のない話しで

    すが、ひとつの現実として知っていた

    だければ幸いです。


    フィンランド・バンター空港事件①


    海外旅行通の皆さんに質問です。

    正しいのはどれでしょう。



    1.日本旅券でフィンランドに最長90日

    のビザなし滞在が可能。

    2. 最長3ヵ月のビザなし滞在が可能。

    3.最長90日のピザなし滞在が可能。



    私は誤解していて2年前危ないところ

    でした。

    フィンランドに限らず観光客に関して日

    本政府は多くの国々と相互査証免除協

    定を結び、90日以内の滞在にビザ

    (査証)は要らないことになってい

    ます。


    3ヵ月ではなく90日以内です。

    これを3ヵ月と勘違いしていたため

    2年前ぞーっとする体験をしました。

    つづく。


    AHOリスニング特化個人指導




    このAHOプログラムは, listening強化

    に特化しつつ Dictationにも重点を

    置き, 精度の高い英語を学ぶことが

    出来ます。

    Skypeを使った僅か15分の個人直接

    指導で, 通学は不要です。

    対象は意識の高い学習者だけ。

    意識の低い学習者はこのプログラムの

    課題に対応できないでしょう。

    家庭英語学習が習慣化され、短期間で

    リスニングに先ず変化を感じられます。

    英語が聞けるようになります。

    中高校で学んだ文法の復習が、自然に

    出来る仕組みになっています。

    一度無料体験してから受講するかどうか

    決めてください。

    kiitosmatsuzaki●jcom.home.ne.jp

    にご連絡下さい。

    ●は@に置き換えてくださいね

      


  • Posted by まつざきひろし at 06:00 | Comments(0) | PC一台で海外生活。

    2017年08月20日

    英会話 1000時間の法則。



    では、何時間練習すればlisteningの強
    化ができ、英語が話せる実感を体感で
    きるでしょうか。
    これは皆さんの現在の英語力によって、
    数百時間かも知れませんし、数千時間
    かかるかも知れません。
    しかし40年以上、英会話を教えてきた
    現場の教師の体験としていえば、高校
    卒業するまで6年間学校英語を学んだ
    皆さんなら、1000時間でしょう。
    1000時間を一つの時間的な目標にさ
    れることをお薦めします。
     えーっ!?1000時間なんて忙しい
    自分には絶対無理。

    いえいえ、忙しい皆さんほど時間を有効
    に使い英語力をつけているのが現実。
    スマホやMP3端末を使えば、通勤通学
    時間を英語練習時間に変えることができ
    ます。
    片道1時間かかる人は往復で2時間の
    listen & repeat練習ができます。
    これを1年半続けるだけで, 1000時間の
    ハードルがクリアできるのです。
    計算してみれば意外に簡単なことなので
    す。
    これを無理というのは、そもそも英語習得
    に本気でないだけの話です。


    AHOリスニング特化個人指導



    このAHOプログラムは, listening強化

    に特化しつつ Dictationにも重点を

    置き, 精度の高い英語を学ぶことが

    出来ます。

    Skypeを使った僅か15分の個人直接

    指導で, 通学は不要です。

    対象は意識の高い学習者だけ。

    意識の低い学習者はこのプログラムの

    課題に対応できないでしょう。

    家庭英語学習が習慣化され、短期間で

    リスニングに先ず変化を感じられます。

    英語が聞けるようになります。

    中高校で学んだ文法の復習が、自然に

    出来る仕組みになっています。

    一度無料体験してから受講するかどうか

    決めてください。

    kiitosmatsuzaki●jcom.home.ne.jp

    にご連絡下さい。

    ●は@に置き換えてくださいね  


  • Posted by まつざきひろし at 06:00 | Comments(0) | AHOの英語教育。

    2017年08月19日

    英語の耳と英語の口を同時に作る。




    英語を話す技術の習得は、耳と口の肉体

    的な訓練に平行して、英書を読む、英語

    を書くという知的な学習をすることが有

    効です。

    listen & repeatはCDの英語を聴き、

    復誦し、耳と口を徐々に英語化させる働

    きがあります。

    いわゆる「英語耳」「英語口」が出来る

    ということです。


    ちょうど、ジョギングを長く続けると、

    体がジョギングに適する体型になるよう

    に、listen & repeatを続けると、

    耳と口が英語を聴き話すのに適するモノ

    に変化します。

    listen & repeatではspeaking以上に、

    listeningに重きを置きます。

    speakingが苦手と言う人の大半は、

    実はlisteningにその原因があるのです。


    listeningは言語習得の最も重要な基礎、

    基盤にあたるのです。

    listeningを強化することは、高層建築

    工事にたとえれば、基礎工事をしっかり

    行うことです。


    大きなクラックのある基礎建築の上に、

    高いビルを建てることがどれだけ危険な

    ことか想像できるかと思います。

    英語教育では同じことが、長年なされて

    きたのではないでしょうか。

    つづく。


    AHOリスニング特化個人指導



    このAHOプログラムは, listening強化

    に特化しつつ Dictationにも重点を

    置き, 精度の高い英語を学ぶことが

    出来ます。

    Skypeを使った僅か15分の個人直接

    指導で, 通学は不要です。

    対象は意識の高い学習者だけ。

    意識の低い学習者はこのプログラムの

    課題に対応できないでしょう。

    家庭英語学習が習慣化され、短期間で

    リスニングに先ず変化を感じられます。

    英語が聞けるようになります。

    中高校で学んだ文法の復習が、自然に

    出来る仕組みになっています。

    一度無料体験してから受講するかどうか

    決めてください。

    kiitosmatsuzaki●jcom.home.ne.jp

    にご連絡下さい。

    ●は@に置き換えてくださいね  


  • Posted by まつざきひろし at 06:00 | Comments(0) | AHOの英語教育。

    2017年08月18日

    リッスン&リピートで英語教師になった。





    菊地さんからリッスン&リピートの素晴

    らしさを教えてもらい、それを信じ、実

    行してみなければ、私は英語の教師にな

    っていなかったでしょう。


    語学は(少なくとも英検準1級レベルま

    でなら)才能というより、学習法と努力

    で決まるのではないでしょうか。

    英語をシャワーでも浴びるようにたくさ

    ん聴き、聴いた瞬間にリピートしてみて

    ください。



    菊池さんは「最初はチンプンカンプンだ

    ったけど、辛抱して聴いていると、ある

    日突然分かるようになった」と教えてく

    れました。



    大学卒業後、北欧に遊学し、帰国後は語

    学総合サービス会社に勤め、脱サラから

    英会話教室を始めて2017年で42年になり

    ます。


    英語教師としての私の英語教育の使命

    (ミッション)は、菊池さんに教えて頂

    いたリッスン&リピートの素晴らしさを

    皆さんにお伝えすることと思っています。



        リッスン&リピート

    これは文字通り、ネイティブの英語を聴

    き、復誦する練習方法で、赤ちゃんが母

    親から、口移しで言葉を学ぶことに近い

    練習方法です。

    大雑把にいえば、シャドーイングの名称

    で知られるアレです。



    3種類の異なった練習方法を紹介します。

    ①口ぱく練習

    (口周辺の筋肉を英語化する練習)

    ②オーバーラッピング

    (ネイティブの英語を聴くと同時被せる

    ように復誦する練習)

    ③シャドウイング

    (意識的に一呼吸置いて復誦する練習)



    ①は声を出す必要もないので、電車の中

    でよくやります。但し、周りの乗客から

    怪しまれます。


    ②小声を出し、ほぼ同時に復誦します。

    歩きながら、電車の中でもやります。

    但し、かなり警戒されます。


    ③は特別に頭がシャープに感じられる日

    に姿勢を正してやります。めったにシャ

    ープな日はありませんが。これで、英語

    の正確性に磨きをかけます。



    練習方法が微妙に違えば、その効果も微

    妙に異なってきます。

    それぞれの方法を試されて、その効き方

    の違いを確めてみて下さい。

    つづく。



    AHOリスニング特化個人指導。





    このAHOプログラムは, listening強化

    に特化しつつ Dictationにも重点を

    置き, 精度の高い英語を学ぶことが

    出来ます。

    Skypeを使った僅か15分の個人直接

    指導で, 通学は不要です。

    対象は意識の高い学習者だけ。

    意識の低い学習者はこのプログラムの

    課題に対応できないでしょう。

    家庭英語学習が習慣化され、短期間で

    リスニングに先ず変化を感じられます。

    英語が聞けるようになります。

    中高校で学んだ文法の復習が、自然に

    出来る仕組みになっています。


    一度無料体験してから受講するかどうか

    決めてください。

    kiitosmatsuzaki●jcom.home.ne.jp

    にご連絡下さい。

    ●は@に置き換えてくださいね。  


  • Posted by まつざきひろし at 13:00 | Comments(0) | AHOの英語教育。

    2017年08月17日

    メンターは1日中英語を聴きリピートした。



    FENのアナウンサーの英語をそのまま
    リピートする練習をすれば、彼らのよう
    に話せるようになるに違いない。

    菊池さんは仮説を立てて、また新たな
    チャレンジを始めました。

    正確にリピートするためには、正確に
    耳で英語をとらえねばなりません。

    だからリピ―ティング練習は、同時にリ
    スニング訓練にもなりました。

    どうしてはじめからlisten してrepeatす
    る練習をしなかったのか、

    と菊池さんは悔やみました。



    加えて、聴いたことを瞬時にリピートす
    るのだから、そのままの英語が音声
    として頭にインプットされるだけでなく、
    口の周囲の筋肉もまた英語を覚えるよ
    うになります。

    英語と口の周辺筋肉とのあいだには、
    ある種の条件反射関係が出来上がり、
    英語表現が頭をかすめると、同時に口
    周辺の筋肉が動き出すようになります。

    始めは FENの英語は速く、直後にリピ
    ートするのはほとんど不可能に思えた
    そうです。

    が、人間の能力って素晴らしいですね。
    一ヶ月もしないうちに口が軽やかに動く
    ようになってきたのでした。

    考えてから話すのではなく、むしろ話し
    ながら、考えられるようになってきたの
    でした。

    やがて菊池さんは全信徒が注目する
    英語の達人として知られるようになっ
    たのです。

    私も大きな集いの壇上で素晴らしい通
    訳をする菊地さんの雄姿を目にして、
    憧れ、感動しました。 

    つづく。


    AHOリスニング特化個人指導。


    このAHOプログラムは, listening
    強化に特化しつつDictationにも重
    点を置き, 精度の高い英語を学ぶこと
    が出来ます。

    Skypeを使った僅か15分の個人直接
    指導で, 通学は不要です。

    対象は意識の高い学習者だけ。意識
    の低い学習者はこのプログラムの課
    題に対応できないでしょう。

    家庭英語学習が習慣化され、短期間
    でリスニングに先ず変化を感じられま
    す。英語が聞けるようになります。

    中高校で学んだ文法の復習が、自然
    に出来る仕組みになっています。

    一度無料体験してから受講するか
    どうか決めてください。

    kiitosmatsuzaki●jcom.home.ne.jp

    にご連絡下さい。

    ●は@に置き換えてくださいね。  


  • Posted by まつざきひろし at 21:00 | Comments(0) | AHOの英語教育。

    2017年08月16日

    恩師は一日中FENでリッスン&リピート。



    会話学校で学ぶ生徒さんの多くは、この主体性の意識が低く、受身がちで、

    真面目に授業に通う割合には、英語の伸びが少ないのです。



    一年たって素晴らしい「英語の耳」を手に
    入れた菊池さんは、ここであることに
    気づきました。

    ヒアリングに比べてスピーキングに関し
    ては、大きな変化がなかったのです。

    どうにかFENのアナウンサーのように、
    流暢に喋れないものだろうか。

    聞いて理解出来るだけでは充分じゃな
    い。自分は通訳しなければならないの
    だから。

    話す力をつけるためには、口を訓練す
    る必要がありそうだ。

    FENのアナウンサーの英語を耳でキャ
    ッチした瞬間、その英語を出来る限り
    正確にリピートする練習をしたら、きっと
    アナウンサーのように喋れるように
    なるに違いない。

    ここから菊池さんの練習法がListenに
    加えてRepeatも対象になったのです。 
    つづく。



    AHOリスニング特化個人指導。




    このプログラムは

    リスニングに特化しつつ

    Dictationにも重点を置き

    精度の高い英語を学ぶ

    学習法です。


    スカイプを使った個人指導で

    通学の必要がありません。

    対象は意識の高い学習者だけ。

    英語学習が習慣化され

    短期間でリスニングから変化を

    感じることができます。

    中高校で学んだ文法の復習が

    自然に出来る仕組み

    になっています。

    一度無料体験してみませんか。

    kiitosmatsuzaki●jcom.home.ne.jp

    にご連絡を。

    ●は@に置き換えてくださいね。












      


  • Posted by まつざきひろし at 06:00 | Comments(0) | AHOの英語教育。

    2017年08月11日

    メンターは赤ちゃんから教えてもらった!

    そこで彼は考えたのです。赤ちゃんが言葉を覚える順序は、

    何語であっても

    Listening → Speaking→ Reading → Writing

    の順番になっている、同じ順番をたどれば、英語だって日本語と

    同じように分かるようになるはずだ、と考えたのです。


    次に、お金をかけずに、好きなだけ本物の英語を聞ける方法は何か

    と考え、極東米軍放送FEN(現AFN)に目をつけました。

    なるほど、FENならラジオさえあれば毎日好きなだけ本場の英語が

    タダで聴けます。と言うか貧乏な彼には他の選択はありません。

    アメリカの大学生宣教師たちも多忙で、好きなときに話し相手に

    なってくれるわけではないのですから。

    近くの質屋で500円のポケット・ラジオを買い、その日からいつも

    胸ポケットに携帯するようにしました。

    案の定、初めはどんな番組もチンプンカンプンでしたが

    耳は少しずつ慣れはじめます。徐々にですが分かりはじめてきた。

    根がまじめな人でしたから、一日も欠かさずに時間を作ってはFENに

    耳を傾け続けました。そして一年が過ぎるころ、ほとんどの放送の内容

    が聞き取れるようになっていたそうです。

    英語を聞く楽しみを心底味わったのです。

    彼の生活の周囲にはいつもアメリカ人宣教師がいたことも英語力の

    伸びを確認するには大いにプラスとなりました。

    ここ凄く重要なことですが、

    彼らが菊池さんに英語を教えてくれたのではなく、自ら彼らと会話する

    ことで、学んだ英語の知識が肉づけされたということです。

    学ぶ主体は常に学習者である菊池さんにあったのです。

    会話学校で学ぶ生徒さんの多くは、この主体性の意識が低く、

    受身がちで、授業に通う割合に伸びが少ないのです。

    ◆AHOリスニング特化個人指導◆




    このプログラムはListeningに特化しつつ Dictationにも重点を置き

    精度の高い英語を学ぶ学習法です。

    Skypeを使った個人指導で通学の必要がありません。

    対象は意識の高い学習者だけ。

    英語学習が習慣化され 短期間でリスニングから変化を 感じることができます。

    中高校で学んだ文法の復習が自然に出来る仕組みになっています。

    一度無料体験してみませんか。

    kiitosmatsuzaki●jcom.home.ne.jp にご連絡を。

    ●は@に置き換えてくださいね。




      


  • Posted by まつざきひろし at 06:00 | Comments(0) | AHOの英語教育。

    2017年08月10日

    メンターの先生は500円のラジオ。




    この教会で誰が一番英語が上手い日本人か聞くと、皆、菊池さん

    (写真は現在の菊池良彦氏)だというのです。

    アメリカ人学生に聞いても、やはり菊池さんだと言います。

    「声だけ聞けば、誰でも米国人だと思うほど」というのです。

    菊池さんてどんだけうまいんだ?

    と物凄く菊池さんに興味を持ちました。



    ここで菊池さんの登場です。

    当時の菊地さんは三十歳前後の痩せた地味な男性で、

    いつも耳にイヤホンを入れて、教会の事務所で英文タイプを

    打っていました。

    挨拶こそしていましたが、いつもイヤホンなので、耳の不自由

    な方かなと思い、また年齢も少し離れていましたので、

    一度も話しらしい話しをしたことはありませんでした。


    でも教会一の英語の使い手と聞き、黙っているわけには

    いきません。

    アポも取らずに、教会の事務所に彼を訪ね、どのように

    アメリカ人並みの英語をマスターされたのか単刀直入に尋ねました。


    すると、タイプする指を止めて、イヤホンを耳から外し、

    私の耳に入れるのです。

    自分の耳に入れていたイヤフォンを人の耳に入れるなんて

    汚いなぁ、とは全く思いませんでした。 その時はですよ(笑)

    This is the Far East Network news on the hour…

    それは聞きとれないけど、よく聞いていたFEN極東米軍の

    ラジオ放送でした。

    菊池さんは胸ポケットに、補聴器ではなく小型のトランジスター・

    ラジオを入れて米軍放送を四六時中聴いていたのでした。


    ◆AHOリスニング特化個人指導◆




    このプログラムはListeningに特化しつつ Dictationにも重点を置き

    精度の高い英語を学ぶ 学習法です。

    Skypeを使った個人指導で 通学の必要がありません。

    対象は意識の高い学習者だけ。

    実用英検3級以上の英語力が必要です。

    英語学習が習慣化され 短期間でリスニングから変化を 

    感じることができます。

    中高校で学んだ文法の復習が自然に出来る仕組みになっています。

    一度無料体験してみませんか。

    kiitosmatsuzaki●jcom.home.ne.jp にご連絡を。

    ●は@に置き換えてくださいね。


      


  • Posted by まつざきひろし at 06:00 | Comments(0) | AHOの英語教育。

    2017年08月09日

    メンターのやり方は超シンプル!




    菊池さんのやり方はFEN(米軍極東放送)を聴き、聴いた英語を

    オウム返しするだけの、単純な方法でした。

    後に私がlisten and repeat法と呼ぶようになったのが、

    この菊池さんの練習方法なのです。

    某キリスト教団で名通訳として有名だった菊池さんが

    実践してきたこの方法を真似し始めると、

    私の英語力は急に伸びはじめました。

    ワクワクするほど伸びたのです。

    特に私のリスニングに大きな変化が起きました。

    この菊池さんとの出会いはこうでした。




    リーダース先生の家族が一年間の休暇帰国の間、

    私は他の教会にも出かけました。

    当時、大学一年生だった私は、外国人を見れば、

    英語を磨くいい機会だと

    Excuse me. May I talk to you?

    と話しかける英会話馬鹿でした。そうとう迷惑な

    今流の言い方ならイタイ大学生だったのです。



    そんなある日、中央線の荻窪駅でスマイルが素晴らしい二人の外国

    人青年に話しかけ意気投合しました。

    彼らは吉祥寺にあるモルモン教会に奉仕する若いアメリカ人学生で、

    伝道のために一年間本国の大学を休学し、東京で布教活動していた

    のでした。
              
    以来、彼らの人柄と教会の雰囲気にひかれ、

    吉祥寺に頻繁に通うようになりました。


    最初、モルモンという響きが薄気味悪かったのですが、

    他のアメリカの学生たちもフレンドリーでした。

    加えて、若い日本人教会員も信じられないくらい明るく、

    楽しい人たちでした。

    彼らも例外なく熱心に英語の勉強をしており、

    それをアメリカ人学生がサポートしていました。

    日本人教会員とも親しくなるにつれ、お互い英語でのライバル意識

    も生まれてきました。

    つづく。


    ◆AHOリスニング特化個人指導。



    このプログラムはListeningに特化しつつ Dictationにも重点を置き

    精度の高い英語を学ぶ 学習法です。

    Skypeを使った個人指導で 通学の必要がありません。

    対象は意識の高い学習者だけ。

    実用英検3級以上の英語力が必要です。

    英語学習が習慣化され 短期間でリスニングから変化を 

    感じることができます。

    中高校で学んだ文法の復習が自然に出来る仕組みになっています。

    一度無料体験してみませんか。

    kiitosmatsuzaki●jcom.home.ne.jp にご連絡を。

    ●は@に置き換えてくださいね。



      


  • Posted by まつざきひろし at 07:21 | Comments(0) | AHOの英語教育。

    2017年08月08日

    メンター恩師のやり方を盗みました。



    当時、日本で一番有名だったレコード英語教材であったリンガフォンの

    キャッチフレーズが

    「1日30分、3ヵ月であなたも英語ペラペラ」

    だったからです。

    現代なら広告なんとか機構から文句を言われそうなキャッチフレーズでした。

    でも、実際、夢中にやった3ヵ月後に英語がドカーンと分かりだしたのです

    から不思議です。

    簡単に暗示にかかる単純な頭の構造でラッキーでした。


    東京とはいえ1960年代中頃の杉並区です。

    今のように駅前に会話学校が林立していることもありませんでした。

    周囲は畑あり、水田あり、小川にはメダカが  

    のどかな田園風景がまだ残っていました。


    大学生になった私は、生の英語に触れる機会を求めて、東京都心のいろいろ

    な英語の集い(主にキリスト教関係の)に参加しました。

    会話学校ではないので、誰も英語を教えてはくれません。

    英語がかなりのレベルで分る人々を対象とした集いですから、当たり前です。

    留学経験をもつ少数の日本人学生が、流暢に英語をはなしたり、ジョークを

    飛ばす度に、自分の英語力ではまだまだだと凹む毎日でした。

    その頃の英語力は日常会話がまあまあ出来た程度のレベルでした。

    英語を話す環境に浸っているだけで、なんとなく幸せでした。

    そんな私に、衝撃的な英語習得法を教えてくれたヒトがいました。

    その方が第二の恩師、菊池さんでした。 


    ◆AHOリスニング特化個人指導。



    このプログラムはListeningに特化しつつ Dictationにも重点を置き

    精度の高い英語を学ぶ 学習法です。

    Skypeを使った個人指導で 通学の必要がありません。

    対象は意識の高い学習者だけに限られます。

    英語学習が習慣化され 短期間でリスニングから変化を

    感じることができます。

    中高校で学んだ文法の復習が 自然に出来る仕組み になっています。

    一度無料体験してみませんか。

    kiitosmatsuzaki●jcom.home.ne.jp にご連絡を。

    ●は@に置き換えてくださいね。



      


  • Posted by まつざきひろし at 06:54 | Comments(0) | AHOの英語教育。

    2017年08月08日

    恩師の教えを200%マネしました。




    その後、わたしはモルモン教会からは離

    れましたが、菊池さんの教えから離れる

    ことなく、今日まで英語とともに生きて

    まいりました。



    事実、菊地さんの話しを聞いたその日か

    ら、私はポケット・ラジオを購入し、

    彼とまったく同じ練習を始めました。



    多少の会話力を持っていたつもりの私で

    したが、まじめにFENを聞き始めると、

    私の英語では全く歯が立たないことを思

    い知らされました。



    聞き続けていくうちに 段々と分るよう

    になると言う菊地さんの言葉を信じて頑

    張りました。




    修行に打ち込むという気持ち一杯でした。

    半年もするうちに、不可能かと思われた

    FENのニュースが凡そ理解できるように

    なりました。自分の中で小さな奇跡が起

    きた気分でした。



    菊池さんの反省を聞いていたので

    「英語の耳」を作ると同時に「英語の口」

    も作るように懸命にリッスン&リピート

    しました。


    言葉は、聞けるから話せるようになる、

    を実感することができました。

    この無理のない耳から口への自然の流れ

    を無視すると、いくら懸命に頑張っても

    効果は薄く、修行は「苦行」になってし

    まいます。


    この辺りに日本の学校英語教育の最大の

    欠陥があるように思えます。

    生まれて間もない幼児は、自分の周囲で

    話されているナチュラルスピードの会話

    にだまって耳を傾けて「耳」を作り、やが

    て単語をつぶやいて口を作ります。



    じっくりと観察すれば、赤ちゃんはだれ

    にでも応用がきく最も効果的な言語習得

    法を私たちに見せてくれます。


    私の場合は、 メンター(恩師)の教えを

    200%真似しその恩恵にあずかること

    ができました。

    つづく。



    AHOリスニング特化個人指導。





    このAHOプログラムは, listening強化

    に特化しつつ Dictationにも重点を

    置き, 精度の高い英語を学ぶことが

    出来ます。






    Skypeを使った僅か15分の個人直接

    指導で, 通学は不要です。

    対象は意識の高い学習者だけ。

    意識の低い学習者はこのプログラムの

    課題に対応できないでしょう。






    家庭英語学習が習慣化され、短期間で

    リスニングに先ず変化を感じられます。

    英語が聞けるようになります。




    中高校で学んだ文法の復習が、自然に

    出来る仕組みになっています。



    一度無料体験してから受講するかどうか

    決めてください。

    kiitosmatsuzaki●jcom.home.ne.jp

    にご連絡下さい。

    ●は@に置き換えてくださいね。  


  • Posted by まつざきひろし at 06:00 | Comments(0) | AHOの英語教育。

    2017年08月06日

    高校2年夏 激しい片想いを。

    おまたせしました。いよいよ本題に入ります。

    この本題に入るにはどうしても私の二人の恩師とのであいをお話

    しないわけにはいきません。お付き合い下さい。

    英語劣等生が英語に夢中になるには、忘れられないアメリカ人宣

    教師と出会いがありました。恩師ともメンターともいえる方です。

    場所は東京の杉並区の小さな教会です。彼、C・リーダース先生

    の人柄に魅了されたことが、やがて英語への強い関心に変化して

    いったのです。

    物語風にいえば、人生を変える恩師との運命的出会いになります。

    加えて彼のお嬢さんたちの、ブルーの瞳やキラキラの金髪にも、

    17歳の少年だった私はくらくらとしました。

    以来、彼女たちと流暢に英語で会話する自分をイメージしながら

    英語ばかり聴く毎日になりました。

    少なくとも3ヵ月の間、学校の勉強は完全に無視して(もともと

    勉強していなかったので簡単でした)、NHKの全ての英語講座、

    FEN(米軍極東放送)を聴き、文法書の例文を暗記しました。

    英語に恋をしたのです。

    なぜ3ヵ月間なのかには、理由がありました。



    ◆AHOリスニング特化個人指導。



    このプログラムはListeningに特化しつつ Dictationにも重点を置き

    精度の高い英語を学ぶ 学習法です。

    Skypeを使った個人指導で 通学の必要がありません。

    対象は意識の高い学習者だけ。実用英検3級以上の英語力が必要です。

    英語学習が習慣化され 短期間でリスニングから変化を 感じることができます。

    中高校で学んだ文法の復習が自然に出来る仕組みになっています。

    一度無料体験してみませんか。

    kiitosmatsuzaki●jcom.home.ne.jp

    にご連絡を。

    ●は@に置き換えてくださいね。




      


  • Posted by まつざきひろし at 06:00 | Comments(0) | AHOの英語教育。

    2017年08月04日

    ガチガチ保守な学校英語の周辺。

    4.初めに文法ありきの日本型英語教育




    従来の英語教育を「文法偏重主義」と批判する人は少なくありません。

    ほぼ劣等生だった私でも高校時代には数冊の文法書を持っていました。

    当時の文法書は、最初に文法解説があり、次に例文が示され、確認問題があるスタイルが多かったように思います。

    最近の文法書を見ても、この基本は変わってないように思えます。


    100年前の学校英語の教え方や学び方が、現在も継承されているとしばしば指摘されますが、

    日本の英語教育の世界は想像以上に保守的であり、変革を望んでいません。

    変えたく無しい、自分たちも変わりたくないのです。


    英語を習い始めた中学生を前にして、英文をばらばらに分解し、構造・骨組みを中心に解説し、学ばせる。

    私も自分の教室の中学生クラスで長年やってきたことです。

    が、英語嫌いを大量生産することに加担している気がして、毎年心を痛めていました。

    日頃教育のモットーとしている「木をみずに、森をみる」とはどうしても反対の授業になってしまうからです。

    これは自動車教習所で運転実技を省略して、道交法の講習だけを行うようなもの。

    このままですと、生徒は怖くて路上運転ができません。

    英語に当てはめれば、とても怖くて外国人との会話なんて出来ませんということになります。

    生の音声と平行して学ぶなら、文法学習も無味乾燥にはならないかもしれません。

    生徒たちも「面白さ」を感じてくれる可能性は残りそうです。生の音を通してなら、中学英文法を再度学び直すことに効果が期待できます。

    従来の文法書は、本を開くと難解な文法用語(そもそも簡単な文法用語はありません)と、

    使い古された例文がびっしりと細かい活字で印刷されています。

    学習意欲を早い段階で凹ませる、いかめしい「権威」を感じさせるものが大半でした。


    ◆AHOリスニング特化個人指導。



    このプログラムはListeningに特化しつつ Dictationにも重点を置き

    精度の高い英語を学ぶ 学習法です。

    Skypeを使った個人指導で 通学の必要がありません。

    対象は意識の高い学習者だけ。実用英検3級以上の英語力が必要です。

    英語学習が習慣化され 短期間でリスニングから変化を 感じることができます。

    中高校で学んだ文法の復習が自然に出来る仕組みになっています。

    一度無料体験してみませんか。
    kiitosmatsuzaki●jcom.home.ne.jp
    にご連絡を。
    ●は@に置き換えてくださいね。



      


  • Posted by まつざきひろし at 06:00 | Comments(0) | AHOの英語教育。

    2017年08月03日

    読めなかった書けなかった欧米先進国。


    当時の欧米先進国

    での自国語の識字率は結構悲惨です。

    同時代の大英帝国では

    児童の識字率は10%前後と

    推定されています。

     

     

    フランスは初等教育を無料にする

    ことで就学率を上げようとしましたが

    10%にも満たない低さでした。

    日本の識字率の高さは驚異的です。

    これがオシャレな国おフランスの

    現実だったのです。

     

     

    アメリカのペリー提督は、日記に

    「読み書きが広く普及し、学ぶことに

    熱心な民族。田舎にも本屋があり、

    本好きと識字率の高さに驚いた」

    と記しています。

     

     

    また、通商条約締結の目的で来日した

    ドイツ(当時のプロイセン)海軍の

    ヴェルナー艦長の日誌には、

    「子供の就学年齢は7から8歳だが

    学校教育は、中国よりも普及している。


    中国では男子のみ就学しているが、

    日本では女子も学んでいて、召使いの

    女ですら手紙を書く。


    ボロを着た肉体労働者すら、

    読み書きができることは驚異である。

    全然読み書きが出来ない文盲は、

    全体の1%にすぎないだろう。

    世界の他のどこにこのような国がある

    というのだろうか」と記されています。

     

     

    驚異の識字率を誇る日本。

    この日本の素晴らしい教育レベル

    に驚嘆したペリーは帰国途中の日記に

    「驚くべき教育水準をもつ

    このアジアの小国は いつの日か

    我がアメリカ合衆国にとって

    太平洋の支配権をめぐり ライバルと

    なることであろう」

    と書き残しました。

     

    はからずも ベリーの予言は 

    彼の日記から80年後に

    太平洋戦争として現実となった

    のでした。



    このように賢い民族が
    英語の習得で最も低い評価を
    受けていることに
    私は何か大きな国際レベルでの
    くわだて 陰謀
    があるのではと真面目に
    考えています。

    笑わないでくださいね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆AHOリスニング特化個人指導。
    このプログラムは
    Listeningに特化しつつ
    Dictationにも重点を置き
    精度の高い英語を学ぶ
    学習法です。
     
    Skypeを使った個人指導で
    通学の必要がありません。
    対象は意識の高い学習者だけ。
    英語学習が習慣化され
    短期間でリスニングから変化を
    感じることができます。
    中高校で学んだ文法の復習が
    自然に出来る仕組み
    になっています。
    一度無料体験してみませんか。
    kiitosmatsuzaki●jcom.home.ne.jp
    にご連絡を。
    は@に置き換えてくださいね。
    イメージ 3
    英語学習のビタミンC
    英語エネルギーが急速充電できる
    PDF冊子を用意しております
    下記リンクでタイトルをご覧ください。
    無料でお送りしますので。
    英語学習にご活用ください。
      


  • Posted by まつざきひろし at 06:00 | Comments(0) | AHOの英語教育。

    2017年08月02日

    驚異の識字率で世界を驚かせた日本。



    日本の識字率はダントツで世界一!
    でも凹まないでください。

    歴史を遡れば わが民族の言語習得
    能力の高さは世界を驚かせた時代が
    あるのです。
     
     
    例えば、
    幕末の武家における識字率は
    100%近かったと言います
    一般庶民の熊さん八さんでも
    50%文字を読み書けたそうです。
     
    私塾、と言っても現在の進学塾
    じゃないのですが、寺小屋の発展の
    お陰で、驚異的な識字率が
    生まれました。
    寺子屋という民間のシステムが
    生み出した結果です。

     
    江戸では70%の子供が寺小屋で
    学んだと推定されています。
    封建社会でのことですから
    男子と女子では寺子屋に通う率は
    異なりました。
     

    それでも
    女子は20%程度の就学率を持って
    たのですから、
    世界は驚嘆したのです。
     
     
    でもそれは
    日本人が日本語を読める
    識字率でしょ、
    と軽く見られがちな
    データなのですが、
    当時の欧米先進国での自国語の
    識字率は結構悲惨です。
    つづく。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆AHOリスニング特化個人指導。
    このプログラムは
    Listeningに特化しつつ
    Dictationにも重点を置き
    精度の高い英語を学ぶ
    学習法です。
     
    Skypeを使った個人指導で
    通学の必要がありません。
    対象は意識の高い学習者だけ。
    英語学習が習慣化され
    短期間でリスニングから変化を
    感じることができます。
    中高校で学んだ文法の復習が
    自然に出来る仕組み
    になっています。
    一度無料体験してみませんか。
    kiitosmatsuzaki●jcom.home.ne.jp
    にご連絡を。
    は@に置き換えてくださいね。
    イメージ 3
    英語学習のビタミンC
    英語エネルギーが急速充電できる
    PDF冊子を用意しております
    下記リンクでタイトルをご覧ください。
    無料でお送りしますので。
    英語学習にご活用ください。
      


  • Posted by まつざきひろし at 22:00 | Comments(0) | AHOの英語教育。

    2017年08月01日

    日本人の英語は読み書きには強いんですか?



    3.読み書きも弱い日本型英語教育
     
    10年やったけど英語が話せない」
    と同じようによく聞いたのが
    読み書きは出来ても会話は出来ない」
    という話です。
    これは本当ですか。
     
    日本人「読み書き」出来る
    というのは事実でしょうか。
     
     
    皆さんは英語の読み書きが得意ですか。
    6~10年間学校で英語を学んだ
    と思いますが、
    英語の本を読んだり、英語でメールの
    やり取りをしたりするのが得意ですか。
     
     
    以前、私のところに若い女性が
    「児童と中学生に英語を教えたい」
    と応募してきました。
     
    彼女は英語教育で有名な
    東京のT女子大英米文学科生でした。
    英語力をチェックするために
    用意していた英字紙The Japan Times
    のある記事を読んでもらい、
    大まかな内容を問おうとしましたが、
    自分には難し過ぎると言われました。
     
    きっと辞書を使いながら
    英文を和訳したりするのは
    得意なのでしょうが、
    その場で全体をさっと読み、内容を
    把握することには自信がなかった
    に違いありません。

     
    耳が痛いことかもしれませんが、
    日本型英語教育は、
    実は「読み書き」の能力も身につけ
    させていません。
     
    その証拠の一つに、
    TOEFL実施団体である
    国際教育交換協議会日本代表部
    以前発表したデータでは
    日本人留学希望者の英語力の弱点は、
    listeningの弱さというよりも、
    むしろ
    得意と思われてきたreading
    弱さにあることを示していました。
     
    日本人は英語の読み書きに強い
    というのは絵空事なのです。

    しかし
    本来 私たち日本人は世界を驚嘆
    させた読み書きに強い歴史
    もっていました。続く。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆AHOリスニング特化個人指導。
    このプログラムは
    Listeningに特化しつつ
    Dictationにも重点を置き
    精度の高い英語を学ぶ
    学習法です。
     
    Skypeを使った個人指導で
    通学の必要がありません。
    対象は意識の高い学習者だけ。
    英語学習が習慣化され
    短期間でリスニングから変化を
    感じることができます。
    中高校で学んだ文法の復習が
    自然に出来る仕組み
    になっています。
    一度無料体験してみませんか。
    kiitosmatsuzaki●jcom.home.ne.jp
    にご連絡を。
    は@に置き換えてくださいね。
    イメージ 3
    英語学習のビタミンC
    英語エネルギーが急速充電できる
    PDF冊子を用意しております
    下記リンクでタイトルをご覧ください。
    無料でお送りしますので。
    英語学習にご活用ください。
    http://amhouse.tamaliver.jp/e440757.html 
      


  • Posted by まつざきひろし at 09:00 | Comments(0) | AHOの英語教育。

    2017年07月29日

    もし高校英語教師の英語力が英検2級レベルだったら。


    イメージ 2

    英語教員、英検準1級レベルが
    約2割(京都府教育委員会発表)
     
    京都府教育委員会は
    2017年7月9日に、最近ですね
    京都市を除く中学校の英語科教員で、
    今年TOEICを受験した74人中
    府教委が目標とした英検準1級と
    同程度とみられるTOEIC730点
    以上の教師は16人で、
    500点未満は14人。
    最低点は280点
    と発表しました。


    イメージ 1

     

    国は、次期学習指導要領で、
    中学校の英語授業は基本的に英語でと
    予定していますが、平気でしょうか。
     
    本年度中に中学校教員で英検準1級以
    上50%という目標を掲げていたので
    すが、おそらく無理でしょう。
     
     
    受験の対象となったのは
    50歳未満の教員150人で、
    うち受験したのが74人。
    残り半数はどうしたのでしょうか。
     
     
    受験者の平均点は、
    1回目が578点、
    2回目が588点
    だったといいます。
    英検ではおそらく2級合格レベルと
    思われます。
     
     
    これは京都の例です。
    また細かい数字は毎年微妙に
    変化することでしょう。


    でも
    英語の教員の英語運用能力は
    一般論ですが
    思っているよりも低い
    ということに大きな問題が
    潜んでいるとみています。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆AHOリスニング特化個人指導。
    このプログラムは
    Listeningに特化しつつ
    Dictationにも重点を置き
    精度の高い英語を学ぶ
    学習法です。
     
    Skypeを使った個人指導で
    通学の必要がありません。
    対象は意識の高い学習者だけ。
    英語学習が習慣化され
    短期間でリスニングから変化を
    感じることができます。
    中高校で学んだ文法の復習が
    自然に出来る仕組み
    になっています。
    一度無料体験してみませんか。
    kiitosmatsuzaki●jcom.home.ne.jp
    にご連絡を。
    は@に置き換えてくださいね。
    イメージ 3
    英語学習のビタミンC
    英語エネルギーが急速充電できる
    PDF冊子を用意しております
    下記リンクでタイトルをご覧ください。
    無料でお送りしますので。
    英語学習にご活用ください。
    http://amhouse.tamaliver.jp/e440757.html 
      


  • Posted by まつざきひろし at 06:00 | Comments(0) | AHOの英語教育。

    2017年07月27日

    話せなくて当たり前 日本式学校英語の結末。


    2.話せなくて当然の日本型英語教育
     
    国別英語力ランキングが出れば、
    すぐに始まるのは従来型、
    従来と言い切れない現実がありますが、
    訳読・文法中心の英語教育への
    批判です
     
     
    英語学習には様々なアプローチ法が
    あり、訳読や文法的中心教育
    多くの国で試みられた方法の一つ。
    いちがいに「悪」と認定して
    いいモノか迷います。
     
     
    また、自分を振り返っても、
    中学高校で学んだ英語は、
    英語の教師としての自分の知識の
    基礎にはなっていることは
    否定できません。
     
     
    しかし、
    英語にとっては命である「音声」を、
    極度に軽視(ほぼ無視)した従来教育は
    皆さんにどのような知的な財産、教養
    として残っているでしょうか。
     
     
    ●学校卒業後何冊か英語の本を
    読まれましたか。

    ●今、英字新聞を出されたら
    タイトルを読んで、記事内容を
    想像できますか
    ●海外旅行で
    鉄道切符やレストランの予約を
    電話で出来ますか。
     
     
    よく
    大学まで10年間英語を
    やったけど、全然話せな~い
    という話を聞きます
    誰かのせいよという口調です。
    学校英語教育批判の幕開けです。


    では20年間続けたら
    話せるようになるでしょうか。
    従来型教育なら20年やっても
    50年やっても話せるようには
    ならないですよね。
     
     
    なぜなら、
    学校英語には 話せる英語は
    指導目標になく、
    英会話などという浮ついたものは
    英会話学校やら家庭学習で自由に
    おやりなさい、
    という訳なのです。


    自由におやりなさい、
    ということは
    学校では基本、なにもやりません。
    ということです。

    指導目標がそこにないのですから、
    何年やろうと話せるようには
    なりません。
     
    じゃあ、
    指導目標をそこに持っていけば
    誰でも話せるようになるのか 
    と問われれば
    それは人によりけりなのですが(汗) 


    会話は家庭で自主的にやりなさい!
    そう言われて学生はハイ!
    と言うでしょう。
    で、やるでしょうか。

    一部の学生はやるかもしれません。
    が、残りの大半はやらないでしょう。
     
     
    実は、会話は家庭で自主的に!
    と言っている教師自身も、
    大半の学生がやらないことを
    知っていて言っています。
    分っているんです。
     
    やらないのですから、
    話せないのは当然の結果です。
    その意味では 筋が
    通っています。

     
    実はもう一つ大きな原因があります。
    それは学校英語教師の問題です。
    次回に続く。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆AHOリスニング特化個人指導。
    このプログラムは
    Listeningに特化しつつ
    Dictationにも重点を置き
    精度の高い英語を学ぶ
    学習法です。
     
    Skypeを使った個人指導で
    通学の必要がありません。
    対象は意識の高い学習者だけ。
    英語学習が習慣化され
    短期間でリスニングから変化を
    感じることができます。
    中高校で学んだ文法の復習が
    自然に出来る仕組み
    になっています。
    一度無料体験してみませんか。
    kiitosmatsuzaki●jcom.home.ne.jp
    にご連絡を。
    は@に置き換えてくださいね。
    イメージ 3
    英語学習のビタミンC
    英語エネルギーが急速充電できる
    PDF冊子を用意しております
    下記リンクでタイトルをご覧ください。
    無料でお送りしますので。
    英語学習にご活用ください。



      


  • Posted by まつざきひろし at 23:55 | Comments(0) | AHOの英語教育。

    2017年07月27日

    崖っぷち!低下傾向にある日本人の英語力。




    第6回となる2016年調査では

    オランダが1位を獲得し

    2位はデンマーク

    3位はスウェーデン

    4位はノルウェー

    5位はフィンランド

    北欧諸国が2位から5位までを独占

    しています。

     

    フィリピンは13位にランクされ

    韓国、イタリア、フランス、香港も日本

    の前を行っています。

    悔しいですが、これが現実でしょう。

     

    同機関は調査結果を次のように分析する。

    北欧では、子供が小さいうちから英語学

    習を始める。

    また、アニメが吹き替えでなく英語のま

    ま放映されるなど、

    日常的に英語に触れる機会が多く、

    多言語の文化が

    生活に深く浸透している

     

    気になるアジア圏では、やはりシンガポ

    ールが全体6位にランクイン

    アジア首位であるばかりでなく、

    世界の上位グループに食い込みました。

     

    マレーシアは全体12位、

    フィリピン全体13位。

    韓国は全体27位、

    香港が全体30位、

    中国が39位と

    アジア諸国の伸びが注目されています。

     

    お待ちかねの日本の順位です。

     

    日本の成績は35位。

    2015年の30位から5位ダウンし、

    調査開始以来6年間で英語能力の低下が

    確認されています。

     

    同機関は日本の英語力は低下傾向にある

    と分析し、特に30-40第の英語力の

    低さを指摘しています。

     

     

    世代別に見ると、18~20歳ぐらいの若い

    世代が一番英語力が高く、

    30~40代の英語力がかなり低い。

    これはビジネスの中心となる世代の

    英語力が低く、

    グローバルなビジネス世界

    では他国の後塵を拝する結果に

    なりかねません。

     

     

    このランキングは世界中に英語学校を

    運営する同機関の性格上、

    各国の英語学習者たちのレベルを表す

    ものとして読むべきかと思います。

     

    市民レベルでの英語理解力ランキング

    という見方は適切ではないでしょう。

    もし市民レベルということであれば、

    日本のランクは更に下がるのではない

    かと思います。

     


     



    イメージ 3
    英語学習のビタミンC
    英語エネルギーが急速充電できる
    PDF冊子を用意しております
    下記リンクでタイトルをご覧ください。
    無料でお送りしますので。
    英語学習にご活用ください。

      


  • Posted by まつざきひろし at 06:00 | Comments(0) | AHOの英語教育。