たまりば

  生活・暮らし 生活・暮らし  西東京市 西東京市

2017年10月27日

英語は「意思」でなく「仕組み」



英語習得は「意思」でなく「仕組み」
少し前の英語雑誌の記事にあったのです
が社会人が求める人気資格ランキングで
運転免許証を抑えて第一位になったのが、                                    
「英検」でした。

英検の何級なのかが問われていないのが
情報として残念ですが、英語力を欲する意
識の強さに「へぇ~!」と驚きました。

でも、車を運転する人は多くても、英語を
話す人が少ないですよね。
皆さんの周りには、英会話をかじったけれ
ど途中で尻切れトンボになった人が結構
いませんか。                            


挫折を経験した皆さんに聞いてみますと、
大半の方が、ご自分の意思が弱くてと反
省されます。仕事柄、英語が達者な日本
人が私の周辺には何人もいるのですが、
彼らが特に意思が強い人とは思えません。

決して意志薄弱 
というのではありませんが、「語学=強い
意志」 
とは言い切れない現実があります。

強い意志が英語習得にプラスに働くことは 
否めませんが、精神論に頼るのはではなく、
英語学習を継続させる「仕組み」を体験して
欲しいですね。

AHOの英語学習はそれ自体が漠然とした
「意思」「イメージ」ではなく「仕組み」です。
I CAN'T SPEAKをI CAN SPEAKに変える 
「仕組み」です。
つづく。


naive 騙されやすい、愚直な

日本語のナイーブは「純真無垢」。
つまりsimple and honestの意味ですが
英語では「騙されやすい、愚直な」の意。

カタカナ表記で外来語として定着してい
る言葉の多くは、本来の意味と異なって
使われています。

つまり使えそうで使えないのです。
いちいち辞書で意味を確認しておく
必要があります。



当ブログをお読み頂き、では何を、どう
すれば英語力がつくのかという問いをい
ただ来ます。
その答えがAHOプログラムです。

このプログラムの目的は、 まず、英語の
耳を作り、口の周辺の英語の筋肉を鍛え、
dictationを通して、精度の高い英語を学
ぶことにあります。

語学の習得で最も大切な家庭英語練習が
習慣化され、フレッシュな英語に耳と
口を働かせる時間が急に増えます。

中高校で学んだ文法の復習が、自然に
出来る「仕組み」にもなっています。

一度無料体験をお勧めしますが、その
前にプログラムの資料をお送りします。
hiro.ritva+AHO@gmail.com
までご連絡下さい。

・・・・・・・・・・・・・・


海外旅行に関してはフライトとホテル
の予約は、一番安く、現地払いOKの
Booking.Comを使っています。
凄く簡単でメリット大きい代理店です。

www.booking.com/s/22_8/hiro0r31   


  • Posted by まつざきひろし at 06:00 | Comments(0) | 70冊本を書きました。 | AHOの英語教育。

    2017年10月22日

    村上春樹はオヤジだ!



    世界の村上春樹は英語が強い。
    大中小の三種類の英和辞書と二種類
    の英英を使いこなすと豪語している。
    オレをなめるなよと言うわけです。

    その内の一つは現在は絶版になった
    岩崎民平氏「新簡約英和」とも言う。
    大修館のジーニアスとは言わない。
    世界の村上だからだろうか。


    英語の達人は様々な辞書を使うと言う。
    が何を使っているかは中々話しません。
    一種の「企業秘密」なのかも。
    超人気ラーメン店の頑固なおやじが
    スープの作り方を秘伝にする感覚に近い
    のかもしれない。


    村上は辞書の挿絵が好きなんですって。
    新簡約英和ではpergola、
    つまり「つるだな」にお気に入りの挿絵がある
    らしい。
    らしいと言うのは、私はこの辞書を持って
    ないから確かめようがないのです。

    つるだなの下にベンチがあり、若い男女が
    腰掛けて両手を握り合っている。

    どちらかと言うと男のほうが積極的だが、
    女もとくに嫌いなほうではなさそうで、
    なんとなく目で男の思いに応えている。

    しかも「ねぇ、変なことかしないからさ、
    一緒に横にならない」という雰囲気が漂って
    いると挿絵を分析している。

    なんか嫌らしい。
    村上の根底にはオヤジが潜んでいる。
    写真の印象は当たっている。

    ・・・・・・・・・・・・・・



    当ブログをお読み頂き、では何を、どう
    すれば英語力がつくのかという問いをい
    ただ来ます。
    その答えがAHOプログラムです。

    このプログラムの目的は、 まず、英語の
    耳を作り、口の周辺の英語の筋肉を鍛え、
    dictationを通して、精度の高い英語を学
    ぶことにあります。

    語学の習得で最も大切な家庭英語練習が
    習慣化され、フレッシュな英語に耳と
    口を働かせる時間が急に増えます。

    中高校で学んだ文法の復習が、自然に
    出来る「仕組み」にもなっています。

    一度無料体験をお勧めしますが、その
    前にプログラムの資料をお送りします。
    hiro.ritva@gmail.com
    までご連絡下さい。

    ・・・・・・・・・・・・・・



    海外旅行に関してはフライトとホテル
    の予約は、一番安く、現地払いOKの
    Booking.Comを使っています。
    凄く簡単でメリット大きい代理店です。

    www.booking.com/s/22_8/hiro0r31


      


  • 2017年10月21日

    年間1000冊以上英語の本を読む人②



    年間1000冊以上の本をチェックする
    Kさんが言います。

    皆さんと読む速度はそんなに変わらない
    ですよ。
    たとえ速読の名人だとしても全部の本に
    目を通すのは量的にも、時間的にも不可
    能です。

    日本で売れる本は日本について触れてい
    る本が多いという傾向があるので、洋書の
    後ろのindexでJapanとかJapaneseという単
    語が使われているページを探し、その部分
    だけを読みまくるのです。
    そうでないところは完全に無視します。

    読んでいて、ピンと閃いた書き方をしていれ
    ば「買い」、そうでなければ別の本を探す。
    この繰返しです。

    Kさんの話をお聞きしながら、自分はどうして
    も、じっくり読まないと気がすまない性格なの
    でコノ仕事は無理。
    でも、辞書の選び方(最近は電子辞書派です)
    はあながち間違っていないなとニンマリしてし
    まいました。

    辞書の選びはこうです。
    自分が関心のある単語を どの辞書が
    最も自分の感性に近い、納得できる記述
    をしているかで辞書を物色し続けてきた
    からです。
    感性に頼るという、職人技です(笑)。


    年間1000冊の英語本を読むということ
    は、一字一句正確に解読するということ
    ではなく、キーワードを読むということ
    だったのです。
    終わり。

    ・・・・・・・・・・・・・・


    当ブログをお読み頂き、では何を、どう
    すれば英語力がつくのかという問いをい
    ただ来ます。
    その答えがAHOプログラムです。

    このプログラムの目的は、 まず、英語の
    耳を作り、口の周辺の英語の筋肉を鍛え、
    dictationを通して、精度の高い英語を学
    ぶことにあります。

    語学の習得で最も大切な家庭英語練習が
    習慣化され、フレッシュな英語に耳と
    口を働かせる時間が急に増えます。

    中高校で学んだ文法の復習が、自然に
    出来る「仕組み」にもなっています。

    一度無料体験をお勧めしますが、その
    前にプログラムの資料をお送りします。
    hiro.ritva@gmail.com
    までご連絡下さい。

    ・・・・・・・・・・・・・・



    海外旅行に関してはフライトとホテル
    の予約は、一番安く、現地払いOKの
    Booking.Comを使っています。
    凄く簡単でメリット大きい代理店です。

    www.booking.com/s/22_8/hiro0r31
      


  • Posted by まつざきひろし at 06:00 | Comments(0) | 70冊本を書きました。 | AHOの英語教育。

    2017年10月20日

    年間1000冊以上英語の本を読む人①



    今から10年ほど前の話。
    店はもとより街を歩けばモナリザの微笑
    みに遭遇するブームがあった。

    社会現象を生み出したのは
    ダン・ブラウン著の『ダ・ヴィンチ・コード』
    であった。
    そうあの本です。

    文庫本の売りあげ総数は710万部、
    たった2ヶ月間での売り上げ数だ。

    当初、翻訳版権を買った角川書店も
    15万部も売れれば、と胸算用していた
    そうです。

    5万部も売れればベストセラーと言われ
    た時代の話ですから
    710万部は もはや驚きを超えた数字
    だったのです。

    結果、ブームになる前に版権を契約した
    角川書店海外出版部の目の確かさが業
    界でモロ評価されることになりました。
    当然ですよね。

    が、当所は15万部と踏んでいたのです
    から誤算も誤算。嬉しい計算間違いです。


    注目を浴びた海外出版部の仕事とは?
    おびただしい数の英文出版物に目を通
    し、日本で売れそうな本を見つけ、版権
    を購入、翻訳して本として書店に出す。

    これが海外出版部の主たる仕事であり、
    その業務に従事するプロフェッショナル
    がいるわけです。

    「海外出版エージェント」             

    この業界屈指のプロフェッショナルで
    年間1000冊以上の英語本をチェック
    する方にある講演会でお会いしました。

    英語学習者を集めての講演会ですから
    参加者の関心は当然のことながら
    どうすればそんなに英語を速く読めるのか。
    でした。 つづく。


    ・・・・・・・・・・・


    当ブログをお読み頂き、では何を、どう
    すれば英語力がつくのかという問いをい
    ただ来ます。
    その答えがAHOプログラムです。

    このプログラムの目的は、 まず、英語の
    耳を作り、口の周辺の英語の筋肉を鍛え、
    dictationを通して、精度の高い英語を学
    ぶことにあります。

    語学の習得で最も大切な家庭英語練習が
    習慣化され、フレッシュな英語に耳と
    口を働かせる時間が急に増えます。

    中高校で学んだ文法の復習が、自然に
    出来る「仕組み」にもなっています。

    一度無料体験をお勧めしますが、その
    前にプログラムの資料をお送りします。
    hiro.ritva@gmail.com
    までご連絡下さい。

    ・・・・・・・・・・・・・・


    海外旅行に関してはフライトとホテル
    の予約は、一番安く、現地払いOKの
    Booking.Comを使っています。
    凄く簡単でメリット大きい代理店です。

    www.booking.com/s/22_8/hiro0r31

      


  • Posted by まつざきひろし at 06:00 | Comments(0) | 70冊本を書きました。 | AHOの英語教育。

    2017年10月02日

    【英単語】ROSEの人気の秘密。

    rose  

    《植物》バラ。米国ニューヨーク州の州花。

    the rose 「美人」の意味も。

    ワインのロゼはrose color = バラ色 = 経済の好況

    rose fancier バラ愛好家

    rose garden = バラ園 →バラ色の生活, 幸せな生活

    どうやらroseとは良い事ずくめの言葉のようです。
    人気が出るわけです。




    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    当ブログをお読み頂き、では何を、
    どうすれば英語力が聞き話せるよう
    になるのか、と思われることでしょう。
    その答えがAHOプログラムです。

    このAHOプログラムは, listening強化
    に特化しつつ Dictationにも重点を
    置き, 精度の高い英語を学ぶことが
    出来ます。

    Skypeを使った15分の個人直接指導。
    意識の高い学習者のみ指導させてい
    ただきます。

    家庭英語学習が習慣化され、
    英語が聞けるようになります。

    中高校で学んだ文法の復習が、自然に
    出来る仕組みになっています。

    一度無料体験をお勧めします。
    hiro.ritva●gmail.com
    まで連絡下さい。
    ●は@に置き換えてくださいね。

    ・・・・・・・・・・・・・・


    フライトとホテルの予約は一番安く
    現地払いOKのBookingComを使って
    います。↓
    www.booking.com/s/22_8/hiro0r31   


  • Posted by まつざきひろし at 06:00 | Comments(0) | 70冊本を書きました。

    2017年07月23日

    Noは日本語では「はい」。


    Noは日本語で「はい」。
     
     
    次の会話を日本語と英語で比べます。
    コーヒーどう?       Coffee?
    はい、お願いします。Yes, please. 
    クリームも?         With cream?
    けっこうです。       No,thanks.
    クリーム無し?       No cream?
    はいクリーム無しで。No. No cream.
     
     
    の「ええ」はYes, 
    の「はい」はNoを意味します。
     

    これは日本語はい」が、
    「クリーム無し」という相手の理解に
    しての肯定、つまり
    「ええ、(その理解とおりです)」
    であるのに対して、
     
    英語のNo
    自分のcreamの必要性について、 
    あくまでも自分中心に
    No、I dont need any cream.
    と言っていると考えられます。
     
     
    So English expressions arent like
    Japense, are they?
    こう言われると
    ほとんどの皆さんが 
    Yes, they aren't.とばかりに 
    深くうなずいたり(笑)
    本当は
    No, they arent
    首を左右に動かさないと
    いけないのですが。

     
    世界の主要言語の
    凡そ半分が英語型
    残り半分が日本語型だそうです。
            
    松崎博著 旺文社
    「短いフレーズで超簡単英会話」
    より。

          ◇◆◇◆

    昨日であったいい言葉。

    Today is the first day of the rest of your life. 
    It is not too late for you to learn anything. 

    中高年の一番悪癖。
    はなんでも歳のせいにすること。
    語学は50~60代が一番油の乗る時期。
    でも中学高校でやったことを
    繰り返しても 待っているのは同じ結果。

    全く新しいアプローチ
    listen and repeat +dictation
    を試してみてください。
     





    イメージ 1

    ◆AHOリスニング特化個人指導。

    このプログラムは
    Listeningに特化しつつ
    Dictationにも重点を置き
    精度の高い英語を学ぶ
    学習法です。

     
    Skypeを使った個人指導で
    通学の必要がありません。

    対象は意識の高い学習者だけ。

    英語学習が習慣化され
    短期間でリスニングから変化を
    感じることができます。

    中高校で学んだ文法の復習が
    自然に出来る仕組み
    になっています。


    一度無料体験してみませんか。
    kiitosmatsuzaki●jcom.home.ne.jp
    にご連絡を。
    は@に置き換えてくださいね。


    イメージ 3

    英語学習のビタミンC
    英語エネルギーが急速充電できる
    PDF冊子を用意しております



    下記リンクでタイトルをご覧ください。
    無料でお送りします。
    英語学習にご活用ください。

    http://amhouse.tamaliver.jp/e440757.html 


      


  • Posted by まつざきひろし at 06:00 | Comments(0) | 70冊本を書きました。 | AHOの英語教育。

    2017年07月22日

    英検より難しい工業英検1級の合格法公開。



    今回は
    以前Japan Times社から出した
    拙著『Listen and Repeat+ D』の
    読者の体験記から情報を頂きました。

    大手家電メーカに勤める読者Tさん
    の凄い英語学習のお話しです。


    英検1級以上に難しいと言われ、
    毎年全国で10数名しか合格しない
    超難関英語資格工業英検1級の
    合格者Tさんからお便り頂きました。


    工業英検一級を意識したのは42歳の
    ときで、以来会社から帰宅するとすぐ
    に自分の部屋にある英会話CDをかけ
    耳を訓練したそうです。


    食事が終わると、一人部屋に篭り、
    工業文章を英訳し、模範英文と比べて
    自分で添削しました。
    ちなみに工業文書は日本語ですが、
    一般人には理解が難しい技術的な
    文章です。


    次ぎに模範英文をlisten and repeat
    しながら、dictate(書き写し)し、
    これをすくなくとも三回はくり返して
    から、次ぎの英訳問題に移ります。
    これを次つぎに繰り返します。

    正しい英文をひたすら朗読しながら
    dictateする。
    来る日も来る日もこれを繰り返す。
    これがTさんが編み出した
    学習パターンです。
    この一見単純な学習パターンですが、
    よく考えてみますとlistening, speaking,
    writingそして自己添削を通じてreading
    や文法的学習など総合的に英語力を
    強化する練習要素が見事に組み込まれ
    ています。
     

    Tさんはまた筋金入りのlisten and repeat
    の実践者でもあり、CDを感情まで真
    似て喋る練習をしたそうです。
    というのは、英語を学ぶ上での大切な
    音声要素(リズム、イントネーション、
    スピード、発音)は、
    従来の訳読型学習では決して学べない
    からです。
    休みの日も時間をみつけては
    listen and repeat しdictateした約2年半は
    修行だったそうです。



    Japan Times社から出しました
    拙著『Listen and Repeat+ D』の読者から頂いた
    お便りで一番の結果を出してくれたのは
    間違いなくTさんだと思います。


    Tさんの経験は listen & repeat + dictationを
    実践されているAHOの皆さんには
    大きな夢と希望となったのいでは
    ないでしょうか。



      


  • Posted by まつざきひろし at 10:00 | Comments(0) | 70冊本を書きました。 | AHOの英語教育。

    2017年07月17日

    読者の野イチゴさんからの質問。後半。




    前回からの続きですが
    鈴蘭さんがおやりになっている方法
    を一貫して私はお勧めしています。
    それは自分に効果があった方法
    だったからです。
     
     
    repeating何度も繰返すと
    最初は気づかなかった
    単語や熟語が聞こえてきます。

     
    理解している事柄の前後関係から
    知らない単語や表現について
    「こんな意味だろう・
    あんな意味かな
    推測するようになります。
     
    知らない単語と出会うと
    直ぐに辞書を引くのではなく
    推測する。
    この習慣を身に着けることは
    外国語修得には大いに役に立ちます。
     
     
    また、発音しにくい単語ほど
    覚えにくいという傾向があります。
    知らない単語の意味を調べる前に 
    単語の発音に耳と口で慣れておくと
    記憶に留まりやすくなるのです。


     
    発音にこだわることは
    語彙を強化する意味において
    一見遠回りのように見えて
    実は近道なのです。
     
     
    人の顔が微妙に異なるように、
    皆さん一人一人のベストの学習法も
    微妙に異なっています。
     
     
    しかもベストの方法は
    皆さん一人一人が時間やお金を使い
    探し、試し続けないと見つかりません。
    プラス、
    なにがベストの方法かは
    結局学習者本人でしか
    決めることができません。
     
     
    岩村先生の方法も 私の方法も
    基本は同じです。
    最初に文の意味をはっきりさせないと
    repeatingする気になれない人は
    岩村流で
     
     
    意味は 英語の素敵な響きを耳と口で
    味わった後にはっきりさせたい
    という皆さんは松崎流で 
     
    いかがでしょう。
     
    私はクラッシック音楽や
    モダンアートを楽しむ気持ちで
    毎日英語を耳と口で楽しんでいます。
    とても気持ち良い経験です。
     
    みなさんはどんな方法ですか。


     

    昨晩は久しぶりにベトナム風やきそば
    を作りました。私が夕ご飯を用意する
    と妻はいつも上機嫌です(笑)


     

    デザートは野イチゴ丼。
    近所の林で摘んだ野イチゴを
    トルコ産ヨーグルトの上に積み上げ
    ブルーベリー粉末をまぶし
    蜂蜜をたっぷりかけて食べます。



    イメージ 2
    ◆AHOリスニング特化個人指導。
    このプログラムは
    Listeningに特化しつつ
    Dictationにも重点を置き
    精度の高い英語を修得させます。
     
    Skypeを使った個人指導で
    この4月から始めました。
    意識の高い熱いの皆さんが集
    まっており、短期間で大きな変化
    が報告されています。
    海外セミリタイアに興味ある皆さん
    は一度無料体験してみませんか。
    kiitosmatsuzaki●jcom.home.ne.jp
    にご連絡を。
    は@に置き換えてくださいね。
     
     
    ◆英語学習のビタミンC
    差し上げます。 

    英語を学習に「活」が入ると自画自賛
    しているPDF冊子を用意しております。

    下記リンクでタイトルをご覧ください。
    無料でお送りします。
    英語学習にご活用ください。

    http://amhouse.tamaliver.jp/e440757.html 


      


  • Posted by まつざきひろし at 13:00 | Comments(0) | 70冊本を書きました。 | AHOの英語教育。

    2017年06月24日

    10数か国語を短期間でマスター、H・シュリーマン。

    今回はトロイアの遺跡を発掘したドイツ
    人のハンス・シュリーマン(1822-1890)
    のお話です。


    駅前に会話学校も
    ロゼッタストーンも
    無い時代に彼はなんと

    英語、フランス語、オランダ語、スペイ
    ン語、イタリア語、ポルトガル語、ロシ
    ア語、スウェーデン語、ポーランド語、
    ギリシャ語など10~15カ国語を独学で
    しかも短期間でで身につけた

    ことで知られています。

    糸井重里さんの『赤城山に眠る徳川埋蔵
    金発掘』がそうだったように、
    古代文明の遺跡発見は土木作業が必要で、
    とにかくお金がかかります。

    その為にシュリーマンンはビジネスを始
    め、大儲けに成功し、それを発掘に投入
    したというのも,それはそれで商売人と
    して凄くないですか。


    古代文明発掘には資金だけでなく、古文
    書や各国語に記された情報を解読する能
    力も必要です。

    その為に彼は独学で外国語学習を始め、
    母語であるドイツ語以外の10数カ国語
    を習得した。

    それだけとっても驚異ですよね。


    我々英語学習者にとって更に驚くべきは
    彼の自叙伝である『古代への情熱』の中
    で、短期間で外国語を習得ため自身で開
    発した「簡単な外国語修得法」を惜しげ
    もなく公開していることです。
    その「太っ腹」に頭が下がります。




    さっそくこの本で
    この習得法の下りを読んでみますと

    声を出して多読すること。
    短文を訳すこと。
    一日に一時間は勉強すること。
    興味あることについていつも作文を
    すること。
    その作文を先生の指導を受け訂正し
    暗記すること…」
    と続きます。

    詳しくは岩波書店や新潮文庫から日本語
    版が出ているのでお読みください。


    このシュリーマン先生のアドバイスを
    私は今日的にこう解釈しています。

    ●声を出して = 適切な音声教材をlisten and repeatする

    ●多読すること = 細部に拘らず、大量の英語に目を通す

    ●一日に一時間は勉強すること = 毎日の学習を習慣化する

    ●興味あることについて = 興味ある分野をテーマとした英語から学ぶ

    ●いつも作文をすること = 英語を聴き、dictationし、正しい英文をひたすら書き写す

    ●作文を先生の指導を受けて訂正し = 自分が書いた英文をプロ教師に添削してもらう

    ●暗記すること = 添削された正しい英語を覚えること


    さて、皆さんはどのように勉強されていますか。



    トロイヤの遺跡発掘現場


    ◆シュリーマン流の学習入門書がコレ!

    実はシュリーマン流を意識して、ジャパン
    タイムズ社から本を出しています。


    シュリーマン・メソッドと書いてありま
    すでしょ。
    書店あるいはAmazonでご覧ください。


    ◆AHOリスニング特化個人指導。


    全国の皆さんにSkypeを使った
    個人指導をこの4月から始めました。
    リスニング力開発に特化したプログ
    ラムです。

    興味ある皆さんは一度無料体験して
    みませんか。
    kiitosmatsuzaki●jcom.home.ne.jp
    にご連絡を。
    ●は@に置き換えてくださいね。


    ◆英語学習のビタミン剤差し上げます。


    英語を学習に「活」が入ると自画自賛
    しているPDF冊子を用意しております。

    下記リンクでタイトルをご覧ください。
    無料でお送りします。
    英語学習にご活用ください。
      


  • Posted by まつざきひろし at 23:37 | Comments(0) | 70冊本を書きました。 | AHOの英語教育。

    2016年02月24日

    本を書いてみたい先生はいませんか?

    今、本を書けるパートナーを募集しています。




    一般的には

    本を書くことは難しい。
    魅力ある文章を書くこと難しい
    出版社の目にとまることも不可能に近い。


    と思われています。

    詳しくはYahoo知恵袋をごらんください。
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1464596114

    私は幸い強運なのでしょうか昨年末で
    70点の著者、監修者、翻訳者になる
    ことができました。以下がそのリスト
    です。
    http://blogs.yahoo.co.jp/listen_and_repeat2000/102401.html


    1980年2月に経済界刊「英語力がつく」
    を書いて以来、昨年末までに年間2冊
    ペースで本を出してきました。


    この間に一度も出版社に原稿を持ち込

    むということはなく、100%出版社の依
    頼を受けて書いてきました。


    2週間前に長い付き合いのある編集者
    から話があったばかりです。でも一人
    で書くエネルギーは無いのでとお断り
    しました。


    本を書くことに関してだけですが、強
    運で、難しい経験はしていません。
    でも疲れるんです。


    疲れるのに、35年間にわたり本を書き
    続けてきたには理由があります。本をだ
    すことで生徒さんと出会えるのです。


    また、本を書くと熱心な生徒さんがかな
    り遠方から通ってくれました。


    私の教室は東京の西東京市にあります
    が、栃木県の小山市や神奈川県の横浜
    市から数年間通ってくれた生徒さんが
    いたくらいです。


    東北からわざわざ引っ越して来て生徒
    になってくれた人が2人いました。読者
    の場合は皆さん凄く熱心でたくさん受講
    してくださいました。


    世間にメールが普及し始めた頃からは
    本に私個人や教室のメルアドを掲載し
    ました。未だに問い合わせやカセット
    テープ(笑)が欲しいというリクエス
    トが来ます。


    もし皆さんが英語の先生でしたら ぜひ
    本をだすことを検討してください。
    全て自分でやるのは時間の無駄、非能
    率的です。


    出版社に知人もいないのに、教室を開
    いて5年目に出版の話がめぐってきた
    ことは運です。


    英語力にも文章力にも特別なモノをも
    っていない私は「運」を持っていたん
    です。


    本の印税率は平均して10%。つまり

    2000円の本が5万部売れると1000
    万円の印税が入ります。


    私の最初の本は2年間で6万部(定価
    690円)売れました。この一冊で仕事
    人生が変化しました。


    私はまだまだですが、本を出し仕事・
    人生を大飛躍させた人は少なくありま
    せん。
    もしあなたが本をだすことに興味があり


    ●本にできる素晴らしいコンテンツを
    もっている

    ●コンテンツはないけれど面白い文章
    が書ける



    ならば私の運とコラボしませんか。
    今、本を書けるパートナーを募集して
    います。
    hiro.ritva@gmail.com
      


  • Posted by まつざきひろし at 12:40 | Comments(0) | 70冊本を書きました。 | 奇跡の英語教室

    2015年09月25日

    ケアンズから美少女デコレーター緊急来日!

    オーストラリアから女性専属デコレーター来日!



    9月23日ハウスの教室、オフィスが一気に

    ハローインしました。

    その仕掛け人はオーストラリアはブリスベンから

    ハローイン・デコレーションのために緊急来日した

    少女デコレーターのアイミ嬢。


     
    彼女の手に掛かると なんの変哲も無い教室が

    ご覧のように恐怖の館に変身。

    大きなスパイダーが怖い

    掛け時計からおじいさんが

    出てきそうだ~ぁ 

    ちびっ子たちは涙目に。





    確かにぞっとします。

    分かっていても ぶるっちゃう。

    プロのデコレーターのスキルの高さは

    半端じゃない。

    ほぼ毎年 いろいろなわけで来日するアイミ先生。

    今回は短期滞在で来週にはブリスベンに戻る。

    田無の駅周辺で見かけたら

    アイミ先生!

    と呼びかけてみてください。

    あ、先生は日本語も上手です。



    個別指導のT君(中2生)のお母様からのメールを頂戴しました。

    その一部を紹介します。

    昨年までは、英語の楽しさもわからず、理解もできず、
    残念な一年を過ごしていました。
    先生のご指導には感謝しかありません。

    今は英検に関しても自分でテキストを購入し、
    受検の準備をしています。

    積極的に人との会話を楽しむタイプではないので、
    強制的にリスニングに取り組む必要を感じています。


    現実のT君はとてもよく出きる生徒さんですが

    親御さんは厳しく見ているのですね。

    成績を上げることを目標にするのではなく

    英語を楽しむことで自然に成績も上がった

    そんな結果になって欲しいなと思います。




    英語を学ぶことを楽しもう
    それは人生を楽しむことにつながる。

    と立派なことを言って大昔書いた本があります。

    テーマはまずは英語を聴くことから。




    大和出版刊「聴くだけでものになる英会話」

    がそれ。

    音源が欲しいという方がいれば

    メール amhouse@jcom.home.ne.jp

    を下さい。

    音声ファイルでプレゼントさせて頂きます。

    と呼びかけてみましたら 全国から

    沢山の申し込み頂きました。

    ありがとうございます。

    で、でも音質は予想以上に悪く(涙)

    もうすこしオーディオ的に良くならないか

    調整中でございます。

    のでもう少しお待ち下さい。



    個別指導の先生を募集中です。

    たぶん誤解されていると思いますが

    スカイプによる個別指導もありますので

    西東京市近くにお住まいである必要は

    必ずしもありません。

    詳しくは↓のHPをご覧下さい。

    http://amhouse.jimdo.com/
      
      


  • Posted by まつざきひろし at 20:59 | Comments(0) | 70冊本を書きました。 | AHOの英語教育。

    2015年09月24日

    ワーゲン・スキャンダルと大食いフィンランド人!



    ワーゲン不正でユーロ急落?

    なんと133円まで落ちた。

    今年5月には新宿の両替屋で1ユーロ143円で買ったのに。

    ったくぅ。

    ユーロを通貨とするフィンランドも

    当然影響を受ける。

    そうでなくとも先週は首相が厳しい経済状況を理由に

    社会保障の削減と増税の必要を訴えたばかりでした。

    私には直接関係ないんですが。




    経済不況だろうと なんだろうと

    フィンランド人は食べる。食べる。食べる。

    とにかく大食漢が多い。


    アパートメント近くのトルコ人経営のピザ屋さん。

    ここの一人前がこれ。

    ナイフ、フォークと比べてみてください。

    決してファミリーサイズではありません。

    一人前がこれです。





    トルコ人経営のピザ屋さんは 同時に

    ケバブ屋さんでもある。ほとんどの場合ですが。

    ごめんなさい 

    ケバブ・ライス一人前がコレ。

    私 70%食べたところで降参。

    まだまだ修行が足りません。

    東京に戻り昨晩はドミノピザを配達してもらいました。

    トルコ人のピザとは また違う美味しさが。

    ちなみにアメリカ人というとハンバーガーのイメージ

    が強いんですが 調査によると ピザのほうが

    よく食べられているそうで

    朝食にピザとコーラって 

    大学生や一人暮らしの若者いとっては

    当たり前なんですって。





    またですが9冊目の本がこれです。

    大和出版刊「聴くだけでものになる英会話」

    書いたのはCDではなくカセットテープの時代でした。

    ってことは相当昔の本なわけです。

    当然ながら書店には皆無で、Amazonでときどき売買されて

    いる言わば幻の書です。

    あ、図書館には結構置かれているそうです。

    写真のCDはカセットから自主制作したもの。

    英文に対応する英語音源が欲しいですか

    amhouse@jcom.home.ne.jp

    にメール下さい。

    音声ファイルでプレゼントさせて頂きます。

    と言ってもテープから強引に起こしたものですんで

    音質は期待しないで下さいね(笑)。

    どれだけ期待してはいけないか

    一部は以下のサイトで聴く事ができます。

    http://www.voiceblog.jp/hiromatsuzaki/car2.html

    それでも良ければ遠慮なくど~ぞ。




    個別指導の先生英語を募集中です。

    年がら年中 募集してるなぁって

    笑わんといて下さい。ガハハ。

    実際そうなんですから。

    詳しくは↓のHPをご覧下さいね。

    http://amhouse.jimdo.com/  


  • Posted by まつざきひろし at 07:58 | Comments(0) | 70冊本を書きました。 | PC一台で海外生活。

    2015年09月15日

    英語Noじゃなくって英語脳。




    英語脳という言葉。

    英語耳と並び最近よく見かけます。

    いっしょに書いたアメリカ人のロングさんは

    日本語を聞いているだけで この人は

    どの程度英語が上手か大体分かります


    と言っていました。

    それは果たして英語脳と関係があるのか?

    未だに釈然としませんが

    英語を相当勉強した人は

    日本語の表現や発想方法が

    英語圏の人間に理解されやすいように

    無意識に調整されている

    というのが日本育ちの彼の考えです。


    訓練すると日本人でも

    英語で考えることが可能になる
    ことは

    よく知られていることですが

    果たして自分がそうなれるのか…。

    ここですよね英語に及び腰になるマインドは。

    ひょっとするとと期待しつつ

    無理だと分かっているけどね

    と決意をごまかしながら

    やってみませんか英語脳

    by listen and repeat法。


    listen and repeat法っで?

    その学習法の入門書として以前ナツメ社から出した

    『英語脳を創るListen & Repeat』

    一部の読者には熱狂的な支持を受けた本でしたが

    どうしたことか最近書店では中々見つかりません。

    幻の書となっております。

    まぁ、Amazonでは結構売買されていますが。

    付属のCDの一部が聴けます↓

    http://www.voiceblog.jp/hiromatsuzaki/







    個別指導の先生を募集中です。

    スカイプ指導に力を入れていますので

    NYやLondonにお住まいでも可能ですよ(笑)

    詳しくは↓のHPをご覧下さい。

    http://amhouse.jimdo.com/
      


  • Posted by まつざきひろし at 07:19 | Comments(0) | 70冊本を書きました。 | AHOの英語教育。

    2015年09月11日

    この列車ってどうなんですか?



    全く鉄道のことは分からないのですが

    東フィンランドの都市JOENSUUの駅に置かれているこの列車

    鉄道マニアの方から見てどうなんですか。

    1970年代始め妻の家族に挨拶に来たとき乗ったのがたしかこん

    な列車だったような気がします。





    車両にはこんな情報が。

    でも私にはさっぱり。





    今走っているのはこのタイプの列車で2階建て。

    犬を含むペット用車両、子供の遊び場つき車両、食堂車 全車両

    WFI完備で500キロを4時間少しで走ります。







    屋根もない地方都市の駅構内は

    服装もはっきりと田舎じみていて

    太った女性はその巨体を包み隠さずに

    また年配の耕運機の会社の汚れた帽子に

    ジャージ上下が多く(写真には出ていませんが)

    首都Helsinkiでみかける「痛い人」は皆無。

    リラックスしたいい感じです。






    100冊英語の本を書く宣言以降

    69冊目がこの本です。

    ナツメ社刊『英語で読みたい世界の名作』

    今回もベストパートナーのROBさんと一緒に頑張りました。

    メチャメチャ練り上げましたので書店で手にとって

    お確かめ下さいさい。

    これがCD付きで1500円+税金とは未だに信じられません。

    詳しくは↓

    http://blogs.yahoo.co.jp/listen_and_repeat2000/67785745.html



    じゃ 今までどんな本を書いたのか

    詳しくは↓

    http://blogs.yahoo.co.jp/listen_and_repeat2000/102401.html


    ところで



    個別指導の先生を募集中です。

    ただし美人過ぎるのもだめですよ(笑)

    詳しくは↓のHPをご覧下さい。

    http://amhouse.jimdo.com/
      


  • Posted by まつざきひろし at 14:11 | Comments(0) | 70冊本を書きました。

    2015年09月09日

    69冊目はコレだ!




    不眠不休で作った69冊目はコレだ!

    もちろん英文はネィティヴの角度でROBさんが

    いい英語に仕上げています(本人談)。

    『英語で読みたい世界の名作』

    CD付きオールカラー

    近日発売!


    でどんな本なのか…

    英語の多読学習に最適の1冊。
    きれいなイラストとともに掲載された名作は、
    日本でも親しみのあるものばかり。

    これらのお話は、物語の長さで、初級編・中級編・上級編に分かれており、
    実力にあったものを選ぶことができます。
    また、難しい単語や語句の意味を脚注に掲載することで、できるだけ辞書を
    引かないで読めるようにしました。

    さらに、物語に出てくる重要フレーズと、そのフレーズを用いた表現例も掲
    載しているので、英語力UPに役立ちます。
    付属CDには、ネイティブの朗読を収録しており、ヒアリングの練習に最適。
    全訳付き。

    で、気になるお値段は…

    本体は1500円+税 ワーお値打ち価格

    お求めは↓ココが便利です。
    http://www.amazon.co.jp/dp/4816358749





    ところでハウスでは

    個別指導の先生を募集中です。

    ただし女子中学生はだめですよ(笑)

    詳しくは↓のHPをご覧下さい。

    http://amhouse.jimdo.com/
      


  • Posted by まつざきひろし at 01:18 | Comments(0) | 70冊本を書きました。

    2015年09月03日

    イチローに学ぶ 年間300日聴きまり修行!



    こんにちはアメリカンハウスの松崎博です。

    先ずは本日の英語名言です。

    成功者が常に自分の唇に備えている2つのもの・

    微笑みと沈黙。

    微笑みは問題解決のために

    沈黙は問題を回避するために。


    と訳してみました。


    よく表情が硬くて信用金庫の出納係みたいだと

    言われてます。 こんな顔。




    余計な事を言って 気まずい思いをすること

    少なくありません。





    万歳!編集部からメールゼロ!

    昨日は編集部からのメールもなく静かな

    一日でした。

    部屋を掃除し、キッチンを整頓し、Youtube

    でビジネス勉強をし、食事に来るリスの

    カックンの相手して終わりました。

    イチロー方式 聴いて聴いて年間300日




    昨日知ったことですが あのイチローは小学生の頃 年間で300日

    以上、近所のバッティング・センターに通っていたそうです。

    年間300日って凄くないですか。

    通い続けるマインドの強さが普通じゃないですよね。

    彼のような強靭なマインドを持っていたら今ごろ300冊は越えていたはず。

    でもノロノロと

    69冊目は今月後半に、70冊目は年内に

    書店やAmazonに並びます。

     
    ●出版させて頂いた本のリスト(本日現在)
    http://blogs.yahoo.co.jp/listen_and_repeat2000/folder/1511186.html


    個別指導の先生を募集中です。

    詳しくは↓のHPをご覧下さい。

    http://amhouse.jimdo.com/
      


  • Posted by まつざきひろし at 14:49 | Comments(0) | 70冊本を書きました。

    2015年09月01日

    はっきり言って パクリ力が頼りです!

    盗用パクリのススメ!

    佐野氏のデザインの盗用パクリ疑惑が話題だ。

    オリジナリティが命なのかデザイン業界。

    英語の世界は正反対。

    ネイティヴ英語をどう正確にパクれるか。

    話題の中心はそこなのです。


    地味な画像ですみません(涙)

    【語句】
    anyone else's path  他の誰かの径(道)
    unless …   …でない限りは
    you are lost 迷子なる


    他人が歩んだ径を
    たどってはなりません
    もし森の中で迷子になった場合は
    別ですが

    と訳してみました。

    英語を学び始めて50余年。

    教科書を真似し

    文法書の例文を暗記し

    英会話レコードを反復し

    カセットテープは切れるまで繰り返して

    パクリまくって身につけた英語力。

    ドンキホーテは薄利多売。

    英語学習はパクリ多聴が

    基本です。





    フィンランドの森も弱肉強食

    一見全てが穏やかに見えるHelsinki郊外の森の中。

    ブルーベリー摘みで見たこの光景。


    シロウサギがキツネの餌食になった痕です。

    昨晩も真夜中にバルコニーの前を

    びくびくウサギが草を食んでました。

    出版界という森も 読者の支持を集めた強い本

    だけが生き残ります。




    69冊目は来月後半に、70冊目は年内に

    書店やAmazonというジャングルに放たれま~す。

     
    ●出版させて頂いた本のリスト(本日現在)

    http://blogs.yahoo.co.jp/listen_and_repeat2000/folder/1511186.html?m=lc&p=9





    個別指導の先生を募集中です。

    詳しくは↓のHPをご覧下さい。

    http://amhouse.jimdo.com/


      


  • Posted by まつざきひろし at 14:43 | Comments(0) | 70冊本を書きました。 | AHOの英語教育。

    2015年08月31日

    英語学習は終わりなき旅か。



    学ぶことは旅であり終着地点ではない。


    LearningをLifeに置き換えると

    英語圏ではよく知られる諺になります。

    人生は旅であり終着地点ではない。

    Learningの後ろにEnglishを置くと

    英語を学ぶことは旅であり終着地点ではない

    となります。


    Journeyは観光旅行ではなく旅です。

    旅の醍醐味は  

    道すがらの景色や料理や人との出会いを楽しむこと。

    英語学習では ついつい合否やスコアや成績に

    意識が傾きがちです。

    外国語学習とは終わりのない旅。

    プロセスそのものを楽しめないと

    旅は終わっちゃいます。



    今日やっと70冊目の最終原稿をN出版社に送ることができました。

    本のタイトルも内容も未だ公表できませんが、最も厳しく、また最も

    学ぶことが多かった執筆でした。69冊目は来月後半に、70冊目は年内に

    書店に、Amazonに並ぶ予定です。

    ●出版させて頂いた本のリスト(本日現在)

    http://blogs.yahoo.co.jp/listen_and_repeat2000/folder/1511186.html?m=lc&p=9



    ここフィンランドの首都Helsinkiは昼でも17.8℃で紅葉も

    進みまじめました。でもリスのカックン一族は毎日クルミを食べに

    アパートメントのバルコニーにやってきます。

     



    帰国まで残りほぼ3週間となりました。

    ハウス(西東京市)で個別指導ができる先生を募集中です。

    詳しくは↓のHPをご覧下さい。

    http://amhouse.jimdo.com/

    http://blogs.yahoo.co.jp/listen_and_repeat2000

      


  • Posted by まつざきひろし at 04:57 | Comments(0) | 70冊本を書きました。

    2015年06月23日

    フィンランドからスカイプで個別指導。




    例年通りに成田11am発のフィンランド航空ヘルシンキ直行便

    ロシア上空での揺れも感じられない9時間半の旅。

    機内では寝ちゃうので実感は3時間のフライト。

    午後4時半に大家さんの出迎えを受け

    彼女のTOYOTAにスーツケース4つを積み込んで

    一路ヘルシンキ東部の町Puotilaへ。

    17℃の涼しさ 数日前は9℃だったとか。

    私は寒いの苦手です。

    妻のRitvaは暑いの苦手です。





    今回は70冊目の本の執筆と4名のスカイプ個別指導の仕事を

    持ち込んでのフィンランド滞在。

    結構忙しくなりそうな予感が。

    万が一に備えてPCも2台準備しました。


    ところでハウスでは

    中・高校生の個別指導講師を募集中です。

    児童英語のグループ指導講師も募集中です。

    http://blogs.yahoo.co.jp/listen_and_repeat2000

    http://amhouse.jimdo.com/


      


  • Posted by まつざきひろし at 03:24 | Comments(0) | 70冊本を書きました。

    2014年12月02日

    東急ハンズ新宿店でアレ発見!



    私 あゆみ 東急ハンズ新宿店で数あるカレンダーの中に、

    松崎先生(協力:Robさん)の

    旺文社刊『日めくりカレンダー』を発見!興奮しました!

    たくさんの方に、お求めいただき

    英語の学習者が一人でも増えると

    嬉しいな~♪

    東急ハンズ各店だけでなく

    全国書店、生協、Amzonでも好評発売中とか。

    http://amhouse.jimdo.com/

    http://amhouse.tamaliver.jp/
      


  • Posted by まつざきひろし at 14:22 | Comments(0) | 70冊本を書きました。