たまりば

  生活・暮らし 生活・暮らし  西東京市 西東京市

2013年04月16日

英語を体感する。


文法を正確に身につけるのに実際に果物をもたせます。
英文を読むだけでなく、外国人講師を相手に実際に言わせます。
言わせた(使った)分だけ定着するようです。

I like apples.
I like apples better than bananas.
I like apples best.
Whichi one do you like, apples or bananas?
といったように。


モノに実際に触れさせることで
記憶はより正確に しかも素早くなされます。
五感を多用する効果と呼ばれています。

では、いちいち果物を買うのか?
いいえ プラスチックのフルーツで家具のニトリで購入しました。
http://amhouse.jimdo.com/  


  • Posted by まつざきひろし at 14:46 | Comments(0) | 奇跡の英語教室

    2013年04月05日

    新高校一年生の英語から激変!


    高校の英語、一年生から「英語で授業」!

    高校では、今年の新入生から新学習指導要領の実施を受け、英語の授業を「英語で行う」を基本とします。英語の科目名も「コミュニケーション英語I」か「コミュニケーション英語基礎」になり全ての高校生に平たく言えば「英会話」が共通必履修科目に指定されています。

    英語で英語の授業を行う意義について文部科学省は、「英語科の目標はコミュニケーション能力の育成一点のみ」であり、「積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育てる」が新指導要領では最初に置かれ、「英語を通じて」コミュニケーション能力を育成することが指導の目標になっています。
    文科省は「5年後、10年後、20年後の生徒の姿を思い起こして、必要性を考えてほしい。英語などを使って外国の人と仕事ができる「グローバル人材」を増やすのが、政府全体の目標です。そのための基礎を培うのが高校の「コミュニケーション英語」だとしています。

    新指導要領では、既に小学校高学年で「外国語活動」が必修化されています。中学校で外国語の時間が週3コマから4コマに増やされたのも、非力な我が国の英語教育が大きく変化することを暗示しています。この4月から始まる高校の「英語で授業」は、将来を見据えた日本人のコミュニケーション能力の強化の一貫なのです。
    http://amhouse.jimdo.com/
      


  • Posted by まつざきひろし at 06:03 | Comments(0) | その他。

    2013年04月04日

    英語ドクターがドクターを探しています。



    「西東京市・田無の英語ドクター」を自任して幾年月、友人Mからドクターなら治した病気の種類、問診票・カルテの有無、治療法の信頼性を強く打ち出しなよと提案がありました。

    英語病の症状は学習者により深刻度も異なり、また個人の体質があり、A君に有効な薬がBさんには効かない場合も少なくありません。
    個別指導が期待されるのは無理からぬことです。

    治した英語病については下段のHPにまとめました。
    検索ワードは「西東京市英語専門校」。問診票はカウンセリングであり、カルテは学習進捗度としてPC管理しています。
    会話の治療(指導)には世界的に実績のあるCambridgeやOxford大学出版部の教材を、また学校英語の指導には試験に直結する教科書を徹底して活用しています。
    結果をお約束するためです。

    巷ではゆとり教育の反省から中学高校の英語が厳しくなるとのニュースが。
    大阪市では小学校卒業時に英検3級、中学校卒業時に英検準1級を目標とすると宣言し、全国的に高校では英語は英語で教え始めます。
    教科書から日本語がほぼ消え、2018年から国公私立の別なく全大学学部の出願に米国のTOEFL試験スコアを添付するとのこと。
    新中2生の大学受験にダイレクトに影響がでます。親が全く経験したことがない英語教育・大学受験の現実が迫ります。

    ハウスも個別指導の希望者が急増し、指導力のある日本人教師を急募中です。
    英語に悩む皆さん、また英語を教えたい皆さん、メールかお電話でご相談ください。
    amhouse@jcom.home.ne.jp 042-464-0930  


  • Posted by まつざきひろし at 16:56 | Comments(0) | 奇跡の英語教室