たまりば

  生活・暮らし 生活・暮らし  西東京市 西東京市

2013年07月31日

フィン滞在記。スーパージュースと散歩。


持病をかかえ ビジネスを持つ身としては

健康の維持に 積極的にならざるを得ません。

ここ3年ほどやり続けているのがスーパージュース。

体の免疫力を高める作用があると ドイツの医師により

世界的に普及した健康法です。

主役は人参とリンゴ。少々のレモン。

今はフィンランドに居ますので 近くで摘んだ

ラズベリーとブルーベリーも参加させます。






東京で使っているのはフルーツや野菜の酵素を

破壊しない 韓国製の本格的な低速回転ジューサーですが

フィンランドでは同じタイプのものを見つけられなかったので

オランダ・フィリップス社製のジューサーを 昨年購入しました。






使い方は簡単です。

材料を適当な大きさに切り 写真のように

プラスチック製の入り口からいれ いっぱいになったら

押し込み器具で 材料に 上からプレスをかけ、

下の高速回転やスリ板で ジュースにします。

大切な酵素が破壊されないか心配なのですが

解説動画では栄養素は壊れないとのこと。





こんな感じに出来上がります。

美味しいかというと ううん 美味しいというよりも

いかにも体に良さそうな味がします。 

解説動画の美人は ニコニコしながら 美味しそうに

飲んでいますが 仕事だからでしょう。






バランスの良い適度な食事と

日々体を動かすことが健康を維持する上で

何よりも 大切であると言われます。

レストランで現地の皆さんの食べっぷりを観察しますと

彼らの体も大きいのですが 私の2倍は食べるような気がします。

適度 とは思えません。





滞在させてもらっているHELSINKI東部の ここPUOTILAは

緑が多く 健康維持のための 散歩やジョギングを日課にするには 

うってつけのエリアだと思います。




なのに 地元の人は余り意識をしていません。

こんなにロマンチックな散歩道があるのに

散歩している人は意外と少ないのです。




白鳥が羽を休める海があるのに

余り人とも 出会いません。

東京よりも 関取級に 太っている人が目立ちますが

運動不足で散歩やジョギングをしない と簡単に決め付けて

よいものか迷います。 

そもそも 東京と比べると イメージできないほど

人間が少ないのです。

http://amhouse.jimdo.com/
  


  • Posted by まつざきひろし at 18:19 | Comments(0) | PC一台で海外生活。

    2013年07月31日

    フィン滞在日記。軍事基地潜入!



    HELSINKI在住の旧友と毎夏楽しみにしていることの一つが

    ヘルシンキ湾に浮かぶ要塞島SUOMENLINNA探検。

    UNESCOの世界遺産にも登録されているこの要塞島

    かつて700年以上もSWEDENが この地を支配していた頃

    バルト海に進出するロシア海軍をけん制していたのが

    この島です。

    この島に上陸するには写真のような軍艦とおぼしき

    フェリーボートを使います。








    上空から島を見下ろすと 

    いかに軍事的な配慮のもとに この島が

    要塞化されたかが見て取れます。

    ちょうど北海道の函館にある五稜郭を

    巨大化したようなイメージです。





    かつて 一般人が一歩たりとも踏み込むことができなかった

    超軍事秘密施設。

    上陸する民間人の表情にも 張り詰めた緊張感が漂います。

    驚いたことに…
    http://amhouse.jimdo.com/
      


  • Posted by まつざきひろし at 02:45 | Comments(0) | PC一台で海外生活。

    2013年07月31日

    フィン滞在記。誕生日はベトナム料理。



    お店の中に入って驚いた。中が完全に東南アジアだ。

    テーブルクロスは省略されているし

    椅子をよくみると 東京の学習塾の椅子とそっくりのパイプ椅子。

    おまけに いかにもお金がありません と顔に書いているような

    地元の若者が麺をズルズルやっている。

    さすが 音は立てては いなかったが。

    が、食べ物屋を姿 かたちで判断するもんじゃありませんね。

    美味しいというか うまい。

    帰り際に ベトナム人シェフに VERY GOOD を連発しておきました。

    ここしばらくは日本ベトナム間の関係は心配ないでしょう。





    ベトナム料理の後は ビーチまで散歩。

    お店から丁度徒歩10分。

    なんとなく 絵になる カップルが

    日本でいうところの 夕涼みをしていた。





    小さなビーチでは フィンランド・ナショナル・チームにしては

    あまりにお粗末な でも 楽しげなバレーボールが。

    地元の若者たちの 即席の対抗戦なのでしょう






    ビーチの周りは 白樺の林と

    大きな家庭菜園に 夏の花々が

    その美しさを競っていました。

    http://amhouse.jimdo.com/
      


  • Posted by まつざきひろし at 02:23 | Comments(0) | PC一台で海外生活。

    2013年07月30日

    フィン滞在記。人間ワッチング。 .

    ROBERT COFFEEで ゆっくり夕食をとりながら

    夏の夕方を楽しむ人々を 眺めてみます。

    様々な髪の毛  伸張  そして体重

    幸せそうな人 今にも暴れだしそうな人

    ちょっぴり それぞれの 公開していない

    人生が浮かび上がります。





    題して ミス横顔。






    どうしちゃったのかしら。

    15分もたっているのに。






    女子会 真っ只中。


    まだまだ続きます。
    http://amhouse.jimdo.com/  


  • Posted by まつざきひろし at 02:33 | Comments(0) | PC一台で海外生活。

    2013年07月30日

    フィン滞在記。たまには美術にどっぷり。


    本日の夕食はHELSINKI市中心で人気のROBERT CAFE。

    クロワッサンと ソフト黒パンにエッグ、トマト、チーズ

    キューカンバー、レタスなどを挟んだサンドイッチ。

    チョコレートケーキに ラズベリーケーキ

    大きなカップのコーヒー。






    東京でもそうですが いつも朝はゆっくり。

    今日も昼過ぎに動き出し 美術鑑賞の計画。

    風光明媚なPUOTILAも地下鉄メトロで15分で

    市の中心部に着きます。






    駅に着けば 長いエスカレータで

    地上に出ます。

    人はエスカレーターの右側に立ち

    急ぐ人は左側を駆け上がるのが

    ルールのようです。







    エスカレータを降りると

    素敵な音楽が待っています。

    ヘルシンキ市交通局ご自慢のメトロ シンフォニック オーケストラ。

    ではなさそうですが しばし足を止めて

    音楽に揺れてみました。






    子供の頃 チンチン電車と呼んでいた路面電車が発達しています。

    ドイツのDUSSELDORFも そうでしたが

    路面電車は都会の喧騒を癒す乗り物のように感じます。

    ただ平日のHELSINKIは 首都とは言え 喧騒とは

    無関係です。





    ここが中央駅に近いATENEUM アテネウム美術館。

    本日の目的地で 絵画 彫刻 など20000点以上となるフィンランド最大の

    美術作品を収蔵しています。






    館内は傘 スーツケース カメラ 携帯電話 ナップサックの

    持込が禁止されています。ナップサック類は自動クロークに

    預けるシステムです。

    もちろん この写真は私の撮影ではありません。







    ここのコレクションの中で最も人気がある 有名な作品の一つが

    WOUNDED ANGEL傷ついた天使。

    1903年にフィンランドの Hugo Simberg.ヒュ-ゴ・シンベリが描いたもので

    評価額はPRICELESSだそうです。

    もちろん この写真も私の撮影ではありま






    美術鑑賞に疲れたら 静かにコーヒー。

    なにをやるにも コーヒーで締めくくるのが

    フィンランドというお国柄。

    館内には 絵葉書やペン キーホルダーなどを売る

    お土産屋さんもあります。

    肖像写真が簡単に撮れるお遊びも付属しており

    私も後世に残る 威厳のある一枚を

    撮影することに成功しました。

    http://amhouse.jimdo.com/

      


  • Posted by まつざきひろし at 01:25 | Comments(0) | PC一台で海外生活。

    2013年07月26日

    フィン滞在記。ラズベリー丼。



    デザートはアパートメントに戻ってから作りました。

    カフェの帰路に立ち寄った 無人ガーデンで大きく育ったラズベリー(木苺)を

    ヨーグルトに こぼれるまでトッピングします。

    この付近には広い公営のガーデンがあるのですが

    面倒くさいのか 手入れを放棄している区画がたくさんあります。

    この時期はラズベリーが旬なので 好きな人は取り放題。

    いただきまーす。

    http://amhouse.jimdo.com/  


  • Posted by まつざきひろし at 23:13 | Comments(0) | PC一台で海外生活。

    2013年07月24日

    フィン滞在記。雨の日は家篭り7月18-20日。




    首都HELSINKIで公衆電話は もはや 見当たりません。

    郵便局や 中央駅など ごく一部の公共の施設にあるそうですが。

    誰もが携帯を持っていることが前提となっている。

    これが現在のフィンランド社会。


    ちなみに 左が奥様の携帯 NOKIA製。

    右が私の携帯 SAMSUNG製。

    プレペイド携帯で本体は約40ユーロ と 20ユーロ。

    もちろん 安い方が私のSAMSUNG。

    R-KIOSKIという フィンランド全土にあるミニコンビ二店で

    電話料金のリチャージができる仕組みです。

    家庭用電話も ほぼ無くなり 携帯 スマホを持ってないと 

    社会から孤立し 何もできなくなりそうです。

     




    街に出れば 狂ったように本を買いあさる奥様。

    寝室のデスクに今日も 買った本を積み重ねます。

    なにを思ったのか 一番上の本の上に目覚まし時計を置いています。

    地震が来たら 目覚ましが 床に落ちて 粉々に成るぞ 

    と 一瞬慌てる私。

    あ、そうか、この国には地震がないんだった。

    ま、習慣ですね。







    6月17日よりHELSINKI入りし

    途中 DUSSELDORFも含め 晴天に恵まれ続けていた津フのでしたが

    ついに雨に降られました。

    でも 東京のように 皆さん直ぐに傘をさすわけじゃないんです。

    のんびりしたものです。






     
    雨に見舞われれば ラズベリー摘みに外出することもできず

    本を読むか ネットを繋げて遊ぶ あるいは一人ジャンケンをするしかありません。

    これがキッチンの一部に設けられた 私の臨時オフィスです。

    スティック型のネット・ディバイスを短いケーブルでつなぎます。

    速度は遅いのですが そこは我慢。

    ディスプレーの右上に付けた白い器具は キーボードの手元を照らす

    レッドライトです。こちらのスーパーで購入しました。

    11・5インチのディスプレーは何とも小さい。

    適度に老眼である私の目には かなり厳しいです。

    http://amhouse.jimdo.com/
      


  • Posted by まつざきひろし at 15:21 | Comments(0) | PC一台で海外生活。

    2013年07月21日

    フィン滞在記。犬が育む美人の輪。



    17 日の夕方は やはりカフェの後は

    森に入り ブルーベリーを摘むことにした。

    でも摘めたのは ほとんどラズベリー。

    ここ数日で ラズベリーが グンと存在感を増して

    我々では とても太刀打ちできない数になっています。








    これが森に育つ 野性のラズベリ。

    直径1~3cmと総じて小粒です。







    一方個人ガーデンで栽培されているラズベリーは

    野生のそれに比べ 2倍以上の大きさがあり

    いかにも甘そうです。

    ヨーグルトの中に入れて食べたり

    ジャムにして冷凍保存します。







    そのビタミンCの豊富さから

    広く栽培され ジュースにして

    飲まれているのが これ。

    RED CURRANT。 日本語訳は西洋赤房すぐり 

    だそうですが 聞いたことがない言葉です。









    ブルベリー摘みにでかけ

    たっぷりとラズベリーを集めて 帰宅します。

    なんだかな、の 妙な気分。

    9時近くなり すっかり静かになった裏庭。

    ひょっとすると と思ったら

    やはり いつものウサギが草を食んでいました。







    50m離れていない道端では

    近所の若いママさんたちが

    井戸端会議の最中でした。

    ペット犬を共通項として できた

    ご近所のの輪なのでしょう。

    http://amhouse.jimdo.com/   


  • Posted by まつざきひろし at 23:22 | Comments(0) | PC一台で海外生活。

    2013年07月21日

    フィン滞在記。海の見える午後7月17日。



    6月17日に成田を発ってから

    今日で一ヶ月目が経過したことになる。

    ネット族の私と違い カード族の奥様は

    こちらでの生活の状況を 普段親しくしている

    東京のフィンランド人や地元の友人に

    せっせと絵葉書で送ります。

    心のこもりかたが全然違うのだそうだ。

    このポストでは 一日一回(土日は除く) 

    午後4時に集めにきます。









    今日も ついつい 足が向いてしまう

    ヨットハーバーのカフェ。

    奥様 お気に入りのスポット。

    コーヒーを飲みながら 夕刊紙 ILTASANOMATTO

    を読むのが嬉しいようだ。









    カフェの花壇の脇には

    ベンチが置かれてあり 

    大概は年配者が腰掛けている。

    今日も私たちが来る前から

    ずーとこのポーズを続けてきたのでしょう。

    年齢は ひょっとすると 私より若いかも。





    寒くならないうちに また暗くならないうちに

    林に入ってブルーベリーを摘んでおかないと

    明日の朝食に穴があいてしまう。

    カフェを出て 1分ほど歩くと ピザ屋があり

    そこの大きなゴミドラム缶の上に

    大きく肥ったカモメが1羽

    ずーっと同じ方角を見ている。







    さっきのベンチに座っていた男性二人が見ていたのも

    同じ方角だった。

    http://amhouse.jimdo.com/   


  • Posted by まつざきひろし at 14:40 | Comments(0) | PC一台で海外生活。

    2013年07月20日

    フィン滞在記。リス ウサギ ポテト。


    この付近をテリトリーにしているリス君。

    松ぼっくりだけでなく ライ麦パンも大好き。

    チッチ チッチと呼びかけると 

    バルコニーの下まで来て

    何かくれよ という顔をします。






    パンを食べやすいように

    千切って 近くに投げてあげると

    必ず両手で掴んで このように

    食べます。

    毎日 着てくれるのではなく

    気まぐれなのが 残念。 







    ほぼ毎日顔を見せてくれるのが このウサギ。

    普段は二匹で行動しているのに この日は昼間から単独行動。

    どうやら 庭のたんぽぽの芽が大好きなようで ライ麦パンには

    関心を示しません。

    夕方 犬と遭遇して 庭中を逃げ回っていました。

     






    フィンランド人はポテトが主食とよく言われます。

    幸い私はポテトが元来おコメへのこだわりがなく、ポテトが大好き。

    フィンランド産のポテトを4つ切りにして、細切りにしたハムを加え

    適量のバターとオリーブオイルで炒めます。






    少し時間がかかりますが

    ポテトの表面に うっすらと焦げ目がつくまで

    ポテトをころがします。

    これにイタリアン・サラダを添えてもよかったのですが

    いつもの CURRANT JUICE にチリワインを用意しただけで

    ダイレクトにポテトフライをほうばりました。

    http://amhouse.jimdo.com
      


  • Posted by まつざきひろし at 07:26 | Comments(0) | PC一台で海外生活。

    2013年07月20日

    フィン滞在日記。静か過ぎます。



    昨夏 こちらで買って使っていたジューサーとキーボードを

    友人に預けておいたのですが、そろそろジュースを作る時期。

    そこでヘルシンキ中心部に近いソルナイネンという場所まで

    受け取りに行くことになりました。






    奥様が完全にナビゲーターになっているので

    地下鉄に乗り、ソルナイネン駅で降りて

    所定のバスに乗って 2つ目のバス停で待てばよいとのこと。

    フィンランドでは 次の停留場はどこどこですとか

    足元にご注意下さいとか バスでの放送はない。

    静かなのです。

    そんなことは 自己管理せよ ということなのです。







    東京のバスと比べて 怖ろしく長いバスが

    人を運んでいますが いつもガラガラです。

    これで商売になるのか。

    税金からの補助が凄いのでしょう。

    ヘルシンキ市のバス交通網の発達は

    東京と変わらないかもしれません。





    電車と同じカードリーダーがバスの入り口に

    設置されています。

    乗降するゾーンにより 料金が違い

    ヘルシンキ市内であれば1、

    その外のゾーンに渡りバスを利用するなら2

    のように乗客が数字を選びます。


    スイカやパスモと同じようにバスにも 電車にも 市電にも

    使える MATKAKORTTI というカードを地元民は使います。

    ときに コインや札で払う人がいますが ぴったりの金額でないと

    ドライバーに拒否されます。

    お釣りの用意はドライバーの責任外なのです。





    では2を押さねばならないのに

    1を押して 2のゾーンで下車しようとするとどうなのか。

    いわゆる不正乗車の場合です。

    電車も改札がないので 実は乗り降りをチェックされません。

    では不正乗車はどのように防止するのか。

    実は不定期でカードチェッカーを持った検札係りが乗車します。

    バスの場合は この素敵な?ユニフォームの人たちです。

    不正が発覚した場合は 罰金80ユーロ 約10000円を

    払わされます。

    予定通りにジューサーとキーボードを受け取り

    カフェでお茶とケーキで一服して 

    またバスとメトロでアパートメントに

    静かに戻ってきました。






    相変わらず静かなPUOTILA駅。

    なんたって人がいないのです。

    http://amhouse.jimdo.com/  


  • Posted by まつざきひろし at 03:10 | Comments(0) | PC一台で海外生活。

    2013年07月17日

    フィン滞在記。輝く美人姉妹。



    滞在しているアパートメントの住人について。

    この部屋のバルコニーは西側に設置されており

    南隣はロシア人家族。でも挨拶する機会は未だありません。

    北隣はフィンランド人の30代の青年。社交性が乏しく 人の顔を見ると

    直ぐに部屋の中に戻ります。家主のSUSANNAの情報通りでした。

    二階の住人については 複雑な家族構成のファミリーが居る以外は情報なし。

    三階には三人の美人姉妹が住んでいて

    天気の良いときには よく庭先で 水着で日光浴する。

    今日はビキニではないが 二人の姉妹が

    気持ちよさそうに 太陽の光を浴びていました。







    近くの林はブルーベリーの実のつき方がイマイチ。

    そのかわり ラズベリー(木苺)はかなり期待できる状態。

    昨日の収穫は この通り。

    これをACTIVAヨーグルトに これでもかと

    てんこ盛りにして朝食か 昼食の一部にします。









    妻と私が一番良く飲むのがこれ。

    European Black Currant 黒房すぐり

    と European Red Currant 赤房すぐり のミックス・ジュース。

    ビタミンC含有量が凄いスーパージュースと言われています。

    値段は1リットル約200円。







    夕食は(も)とても簡単です。

    塩コショウで味付けしたパスタに 

    スライスしたトマト。

    これにカレリア風パイを2枚ほどマイクロウェーブで

    チンして ジュースか白ワインですまします。








    だれが設置したのでしょうか

    庭の木々にも 近くの林の木にも 木にも

    よく巣箱 BIRDHOUSE が かけられています。

    なのに鳥が住んでいる形跡は全くありません。

    これはどういうことなのでしょうか。

    http://amhouse.jimdo.com/   


  • Posted by まつざきひろし at 20:52 | Comments(0) | PC一台で海外生活。

    2013年07月17日

    英語らしい表現だ HAD A HAIRCUT !




    Robさんは 毎夏バッサリと
    GIジェーン風になります。

    あゆみさんは 何年ぶりかにバッサリと
    いきました。

    Robさんに

    男の子みたい
    YOU LOOK LIKE A BOY.

    って笑われましたケド。

    散髪するは have ( get ) a haircut

    この表現を うまくCMに活用したのが



    http://amhouse.jimdo.com/   


  • Posted by まつざきひろし at 00:25 | Comments(0) | その他。

    2013年07月16日

    フィン滞在記。あらやだ!



    フィンランドはキリスト教国。

    プロテスタントの主流である福音ルーテル派の教えを

    国教としています。

    徒歩2分のところにも 石の教会が

    静かに たたずんでいます。

    結婚式があったのでしょう

    石畳には白い花びらが 

    残っていました。







    教会の隣は 古めかしい

    大きな屋敷跡。

    英語ではMANOR と言われる 大邸宅で 

    フィンランドが かつてSWEDEN王国と

    RUSSIA帝国に支配されていた時代に

    この地を治めていた貴族の母屋です。










    1917年に帝政ロシアから独立したフィンランド。

    数度にわたる独立戦争。

    その動乱の歴史を目視してきたMANOR。

    今 屋敷の一部は 地元の人々に

    レストランとして開放されています。








    午後7時といっても

    この時期は ご覧の通りに 真昼間。

    ときおり 秋の到来を予感させる

    心地よい冷風に のんびりするのは

    人間だけではないようです。








    カフェのテーブルに夕刊紙が置かれていました。

    開かれていたページを覗くと

    カエルの写真が。。。

    でも よーーーーーく 見ると

    あらやだ。

    分かりましたか?

    http://amhouse.jimdo.com/
      


  • Posted by まつざきひろし at 21:34 | Comments(0) | PC一台で海外生活。

    2013年07月16日

    フィン滞在日記。寝坊は最高。




    またまた隣駅のショッピングモールに買出し。

    消費税が22.5%で 物価高のこの国にも 

    庶民的な安売り店がある。

    買い物リストに基づき 必要品を購入したあとは

    お決まりの コーヒーブレーク。

    私は遅いランチとして サンドイッチを注文した。

    どーぞ、と日本語で言われたので

    日本語勉強したんですね。
    この店には日本人がよく来るのですか。

    と その女性に日本語で問うと 困ったような顔をしたので

    英語に切り替えると しばらく新宿に居たことがあるという。





    奥様はランチは別にとる 腹づもりである。

    いくらなんでも 三時には多すぎないか。

    そう思っても それを口に出さない。

    いや 出せない。

    我が家の絶対権力は奥様の手中にあるのだから。






    日の当たるところは ことどとくレストラン

    いやビヤホール。

    昼間から 1リットルは楽に入る大きなグラスで

    ちびり チビリ 飲むのがこちらのスタイル。




    昼間からビールを という習慣のない

    また アルコールに だらしがないくらい弱い私たちは 

    ベンチに腰をおろして

    人間 WATCHING。






    自転車の普及は 気持ちが良い。

    スポーツとして あるいは健康のために

    使うようだ。

    買い物となると数日分を 一気に車で

    購入するのが 一般的なスタイル。







    いささか文具に興味がある人間にとっては

    毎回 文具屋でなにか 新しいアイディアや

    デザインを発見するのは楽しみ。

    でも 今回は空振りだった。





    読書すきが多いといわれるフィンランドの書店。

    椅子が用意され 座って本を物色することも可能

    な大型店がある。

    そうでなくとも 陳列の仕方が 合理的で

    また美しい。

    書店における 色の使い方が 

    実に上手である。






    色の使い方には

    文化が大いに反映されている

    この色使いは

    間違いなく 現代の北ヨーロッパの

    文化的リアリティを

    示している

    気がしてなりません。

    http://amhouse.jimdo.com/  


  • Posted by まつざきひろし at 05:13 | Comments(0) | PC一台で海外生活。

    2013年07月15日

    フィン滞在記。KEBABU料理三昧。



    お昼はしばらくぶりに外食。

    徒歩2分 トルコ人が営むKEBABU屋さんで

    8ユーロ 約1000円の なんとか を食べる。

    これに コカコーラの小瓶が付いてきます。

    KEBABU は羊の肉の料理で 

    フィンランドではトルコ人

    スウェーデンではイラク人が市場を 牛耳っている

    そうです。







    奥様がオーダーしたのは

    RIISI なんとかという ご飯つきのもの。

    RIISI はフィンランド語で RICEのこと。

    日本の米と違い 細長く パサパサ。

    おまけに 湿度が低いので さらに ぱさぱさ。

    でも 私の口には合いましたので

    半分は頂いちゃいました。






    帰宅して 庭の周りを 少しブラブラ。

    木の種類は分かりませんが

    大木の枝の分かれ目に

    腰掛のようなスペースがありました。

    そこに びっしりと 東京の住宅街のように

    隙間無く 微細な若い緑の芽が

    頭をもたげていました。

    なかなか しぶといですな。

    http://amhouse.jimdo.com/
      


  • Posted by まつざきひろし at 15:33 | Comments(0) | PC一台で海外生活。

    2013年07月15日

    フィン滞在記。初ラズベリーをゲット。





    夕方の散歩コースはヨットハーバーの辺り。

    散歩コースを設定しないと 何日でも家からでない。

    年とるって そういうことらしい。

    この手前にある カフェで ダラスプッラと呼ばれるケーキ

    コーヒーを楽しむことも 設定されている。

    地元のおじさん おばさんは ゆっくりビールを飲む。

    つまみ という習慣はないようだ。








    韓ドラ 冬のソナタに 出てきそうな小道。

    これが どこまでも続く 

    歩いているのは 私たちだけ。








    ヨットハーバー沿いのマンションの駐車場。

    カヤックが一艘。







    マンションの庭にはMIDSUMMER ROSEが。

    そろそろ駄目になる頃だが

    それだからでしょうか

    芳香が辺りに 広がります。







    マンションの裏は白樺と 松の大きな林。

    ほんの一部ですが 熟した野生のラズベリー(木イチゴ)が

    たわわに結実しています。

    田舎育ちの奥様は ラズベリーやブルーベリーを目にすると

    もう本能に火がつきます。

    一時間半ちかく 林の中を 俳諧することになりました。








    俳諧が終わったのは9時頃。

    帰宅すると 庭の松の木近くに

    いつも出没する野うさぎが

    キョトンとしていました。






    冷蔵庫からブルーベリー・ヨーグルトを

    出して 上蓋をはぎとります。







    軽く水洗いした 本日の収穫を てんこ盛り。

    この美味しさ 中毒になります。

    http://amhouse.jimdo.com/
      


  • Posted by まつざきひろし at 15:16 | Comments(0) | PC一台で海外生活。

    2013年07月15日

    フィン滞在記。初ブルーベリー。




    フィンランドと言えば

    ブルーベリー。

    日本では 含有されているアントシアニン酸が

    視力回復に良いとTVのCMで言われていますが


    フィンランドでは むしろお腹に良いとされ


    私もブルーベリー・スープに


    何度もお世話になっています。








    ブルーべりは どんなところで採れるのでしょう。

    松の多い林の中で こんな感じのところに生えています。

    ここはアパートメントから徒歩1分の裏山。

    こんな林はいたるところにありますので

    つまり フィンランド中で採れるということです。






    でも 時期的にまだ早いのか

    それとも 天候が不順なのか。

    昨年に比べて 未熟な実が多い気がします。







    ラズベリーも こんな感じですが

    もう一週間すると

    真っ赤な果実が期待できそうです。




    1時間かけて この程度の収穫とは。

    スーパーマーケットに行けば

    栽培された大きいやつが 安く買えます。

    でも自分の手で 自然から 食べるものを調達する

    なんとなく 生きる また 食べる原点を体験する

    実感がたまりません。






    よく売られているブルーベリー・ヨーグルト 1個65円

    の蓋をとる。







    そこに トッピングとして

    水洗いをした野生のブルーベリーを のっけます。

    これが今期 初のブルーベリー・ヨーグルト。

    私の定番ブレックファーストとなります。

    http://amhouse.jimdo.com/
      


  • Posted by まつざきひろし at 14:59 | Comments(0) | PC一台で海外生活。

    2013年07月15日

    フィン滞在記。白夜って本当なのか。




    疑り深い読者より

    頂いた 素朴な問い。

    白夜ってほんとうか。

    本当だ と思う、 自分は見ては居ないが。

    最南端の ここHelsinkiは

    一番白夜から遠いところ。

    それでもl 午前1時半ころの写真がこうです。

    新聞が読める明るさ

    とは言えませんが

    走り回る 野うさぎは

    目視できる明るさです。






    厳しい冬の寒さを防ぐ

    工夫の一つが 二重窓です。

    これはブラインドを下ろした状態。








    ブラインドを上げると

    窓枠の幅の広さがわかり

    にくかったりします。汗。







    これならバッチリ。

    ゆうに15センチ以上の幅があります。


    内側に窓を引きますと

    内窓の中側と 外窓の中側がを

    平行にスライドし

    長方形が 平行四辺形に

    じゃっかん つぶれたように変化します。




    イメージ 7


    ま 実際には 平行四辺形の

    上底と 下底が窓枠としてあっても

    左右の辺の 右辺は存在しないのですが。


    すべての窓が二重まどになっています。

    そうでないと 寒さがふせげないのでしょう。

    そしてフィンランドの人ほぼ全てが

    二重まぶた になっています。

    その理由は寒さは関係ないと

    思います。

    http://amhouse.jimdo.com/
      


  • Posted by まつざきひろし at 14:47 | Comments(0) | PC一台で海外生活。

    2013年07月14日

    フィン滞在記。やっぱりブルーベリー!




    フィンランドと言えば

    ブルーベリー。

    日本では 含有されているアントシアニン酸が

    視力回復に良いとTVのCMで言われていますが

    フィンランドでは むしろお腹に良いとされ

    私もブルーベリー・スープに

    何度もお世話になっています。








    ブルーべりは どんなところで採れるのでしょう。

    松の多い林の中で こんな感じのところに生えています。

    ここはアパートメントから徒歩1分の裏山。

    こんな林はいたるところにありますので

    つまり フィンランド中で採れるということです。






    でも 時期的にまだ早いのか

    それとも 天候が不順なのか。

    昨年に比べて 未熟な実が多い気がします。






    ラズベリーも こんな感じですが

    もう一週間すると

    真っ赤な果実が期待できそうです。






    1時間かけて この程度の収穫とは。

    スーパーマーケットに行けば

    栽培された大きいやつが 安く買えます。

    でも自分の手で 自然から 食べるものを調達する

    なんとなく 生きる また 食べる原点を体験する

    実感がたまりません。





    よく売られているブルーベリー・ヨーグルト 1個65円

    の蓋をとる。





    そこに トッピングとして

    水洗いをした野生のブルーベリーを のっけます。

    これが今期 初のブルーベリー・ヨーグルト。

    私の定番ブレックファーストとなります。

    http://amhouse.jimdo.com/
      


  • Posted by まつざきひろし at 16:56 | Comments(0) | PC一台で海外生活。