たまりば

  生活・暮らし 生活・暮らし  西東京市 西東京市

2016年09月03日

2016年09月01日

迷った時がチャンスですの巻。

 
凍てついた冬の朝
湖面に張った氷上に
足を踏み出すのは勇気がいります。
 
電車の中で隣の人に
次の停車駅を問うのすら
ちょっとした勇気が必要です。
 
一歩を踏み出すことは
それが何の一歩であれ
勇気がないとできません。
 
だから ついつい 自分に言います。
今 やる必要はない
あとでやろう。
 
物事を後回しにする。
このことで一体何度
チャンスを逸したことか。
 
新しい試みを躊躇することは
英語学習でも最大級の敵となります。
高校時代に近所のキリスト教会の
ドアを叩くとき
大学時代に囲み取材を受けていた
三島由紀夫に横から話しかけるとき
Helsinkiで今の奥様と出会って
24歳で結婚を決意したとき
サラリーマン生活を28歳で辞めて
英語教室で食べて行こうと決めたとき
5回に渡るガンの手術を受けたあと
好きなこと以外はやらないと宣言したとき
そこそこ迷いました。
 
でも背中を後押ししてくれた言葉
迷ったときは
一歩踏み出すこと
迷ったときが
チャンスなのですから
この言葉を信じて打席に立った結果は
厳しく見ても打率7割超えだったと
自分は思っています。
 
■名刺代わり小冊子作戦■
 
イメージ 1
初対面の皆さんには
PDFの小冊子を送るようにして
ハウスの英語教育を知ってもらう
ようにしています。
 
●英語耳を家庭で作る方法。
●聴いて音読して脳細胞にCOPY
たい英語名言65選。
●英検二次試験合格セミナー(9つの
合格術)
●英語力養成ジム(英語筋の鍛え方)
などです。
まだお持ちでないハウスの皆さん
あるいはこのブログを読まれている
皆さん 一歩踏み出して下さい。
興味あれば お送りします。
タイトルを1つ
kiitosmatsuzakijcom.home.ne.jp 
までリクエスト下さい。●は@です。




  


  • Posted by まつざきひろし at 01:07 | Comments(0) | AHOの英語教育。

    2016年09月01日

    信じられない本当の話の巻。

    イメージ 1
    地下鉄各駅やスーパーで配られている
    Daily Free PaperのMRTROに笑っちゃ
    う投書が。
    Helsinki市内のTapanila駅前の74番
    バスに乗ると発車の時間になった。
    が、運転手は発車せずに乗客に向かっ
    て一言。
    コーヒーを買ってきます。
    イメージ 3
    バスを降りて前のコンビニにスタスタ。
    数分たってコーヒーをもって戻ってき
    て、おもむろにバスを発車させました。
    イメージ 2
    乗客も特に運転手に抗議するわけでも
    なく、何事もないようにバスは数分遅
    れで発車したわけです。
    ただこの人はこのバスの遅れで予定し
    ていた電車に乗れなかったので投書し
    たというわけです。
    フィンランドは日本と似て時間を厳守
    する人が多いのですが、一日でコーヒ
    ーを7杯飲むお国柄。コーヒーが飲み
    たくなると、こんなことをする人もい
    るというエピソードです。
    ■もうお持ちですか 小冊子■
     
    松崎の小冊子は無料でお送りしています。
    ●英語耳を家庭で作る方法。
    ●聴いて音読して脳細胞にCOPY
    たい英語名言65選。
    ●英検二次試験合格セミナー(9つの
    合格術)
    ●英語力養成ジム(英語筋の鍛え方)
    などです。
    今後少しずつ増やしますが、なかなか
    手がかかります。
    興味あれば 一つづつお送りします。
    タイトルを1つ決めて
    kiitosmatsuzakijcom.home.ne.jp 
    まで直接リクエスト下さい。
    ●は@です。
      


  • Posted by まつざきひろし at 00:22 | Comments(0) | PC一台で海外生活。